ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ねんどたにあんシリーズ [NDS] サガ2・プレイ日記 Diablo HD MOD 週刊 ちょうさを作る

Win10でtaskmgrを最小化起動したい

  〜 2017/11/03 〜
中の人のリアルお仕事の関係上、そこそこコアにパソコンを利用する必要があり、タスクマネージャを利用することがよくあります。そして、CPUの動きはいつも気にしているので、「タスクマネージャは起動するけど、最小化してタスクトレイにアイコン化して表示」ということが多いのです。



実際の画面をお見せするとこんな感じ。設定していれば、タスクマネージャをタスクトレイに入れるとCPUのグラフが見えるようになるので、CPUが貼りついたりすると「あ、やっべ、無限ループ、っていうかキーボード操作も効かねぇwww」とか気づく訳です。パソコン起動時に自動でこの状態にする「自動で最小化起動」ですが、Windows7(8とVistaは使ったこと無いので分かりませぬ)までは…

1)スタートアップにタスクマネージャ(taskmgr.exe)のショートカットを置く
2)ショートカットの「実行時の大きさ」設定を「最小化」にする
3)タスクマネージャの設定を「最小化時に隠す」にする

で、出来てたんですよね。画面で説明すると、こんな感じ。



タスクマネージャの設定をして、このショートカットをスタートアップに登録しておけば、パソコン起動時に自動で最小化起動され、タスクバーにも表示されていないので非常に使い勝手が良かったのですが、これと同じことがなぜ故かWindows10で出来ずに悩んでいました。Windows10購入当時、色々ググったり試したりしたのですがどうしても実現できず、「まぁ、手動でも比較的簡単にできるからいっか…」と現実から目をそむいていました(;´Д`)

それから早数年、久しぶりに調べ直してみたのですが、やはり結果は変わらず…。ただ、恒久対策とは言わないまでも暫定対策程度のものは出来上がったので、全国で同じ悩みをお持ちの方が3人くらいはいらっしゃるだろうということで、書き残しておきます。


<Windows10でタスクマネージャを自動で最小化起動する方法>

【お約束】暫定対策かつ強引なドリブルなため、実行は自己責任でお願いします!
1)タスクマネージャを起動し、最小化するVBSを作成する(taskmgr.vbs)
2)作成したVBSファイルをスタートアップに登録する

  1. Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
  2. If Wscript.Arguments.Count = 0 Then
  3.     objShell.ShellExecute "wscript.exe", """" & WScript.ScriptFullName & """ runas", "", "runas", 1
  4.     Wscript.Quit
  5. End If
  6. Set objShell = CreateObject("WScript.Shell")
  7. objShell.Run "taskmgr.exe", 1, False
  8. Do
  9.     If objShell.AppActivate("タスク マネージャー") Then
  10.         objShell.SendKeys "% N"
  11.         Exit Do
  12.     End If
  13. Loop
  14. Set objShell = Nothing

まずは1のVBSファイルから、作成したのはこんな内容です。見て頂ければわかると思うのですが、色々ハマった&調べたことの補足を踏まえ、以下、簡単な説明。

1〜5行目:VBScript自体を管理者権限で実行しないと、後続処理の「SendKeysによる最小化」がうまく動きませんでした。Windows10ではユーザーアカウント制御(UAC)が原因でVBScriptを「管理者として実行」できないので、処理先頭で管理者権限へ昇格して、後続の処理を実行させるようにします。

8行目:Runメソッドの第二引数(intWindowStyle)ですが、MSのリファレンスを見てみると、今回の要件にピッタリ合いそうな「0」(ウィンドウを非表示にし、別のウィンドウをアクティブにします。)区分がありました。たしかに「0」で起動させると最小化した状態で立ち上がるのですが、タスクトレイのアイコンダブルクリックでタスクマネージャーを表示させることができず、「タスクトレイのアイコン右クリック>元のサイズに戻す」という操作が必要になります。これは流石にストレスたまるので、無難に「1」を指定しています。

10行目:タスクマネージャの起動までタイムラグがあるので、ウィンドウ名が「タスク マネージャー」のものが出てくるまで待機します。で、お目当てのウィンドウが見つかったら、後続処理のSendKyesメソッドが有効になるよう、AppActivateメソッドでアクティブにする…というのをIF文で。

11行目:ウィンドウをショートカットキーで最小化するには、そのウィンドウをアクティブにしてから「Alt+Spaceを押してN」なので、既にアクティブになっているタスクマネージャのウィンドウに対して、SendKeysメソッドでそれらを送り込みます(Alt+Space→"% "、その後にN→"N")。

あとは2にある通り、作成したVBSファイルをスタートアップに置いておけば完了です。スタートアップ時に一瞬タスクマネージャのウィンドウが見えちゃうのは若干気になりますが、まぁ、パソコン起動時は画面を見ていることがほぼない(帰宅→電源入れる→着替えるのコンボ)ので…。

実は、この暫定対策に行き着くまで、タスクスケジューラからの起動とかも試したのですが、そちらもうまくいきませんでした。仕事のPCはまだWindows7だからよいものの、うーん、Windows10、やっぱり使いにくい!!

もっとスマートな方法ありましたら、ぜひお教えください!\(^ω^)/

ダブルス組合せ表

  〜 2017/04/15 〜


テニスなんかのダブルス競技で、試合の時に使う組合せ表(乱数表)。毎回異なった人数で試合することが多いので、印刷して持っておけば便利ですよね。ということで、自分も印刷してラケットバッグに入れておこうと思ったのですが、いざインターネットで探してみても、あまり出てこないんですよね…。単純に「n人の組合せ」なんで、数学でいう順列・組合せで決まりきった解(表)があるのかなーっと思っていたのですが、いくつか見つかった組合せ表を見ても十人十色。そういえば、うちのテニス仲間の間でも、持っている表にパターンが存在していたような気がします。

そこで「無いなら自分で作ればいいじゃない、サクッといけるでしょ!」と思っていたのですが、いざちゃんと考えてみるとこれがまた以外に奥が深い…。ここ数日間色々試してみて、ロジックの組み方で色んなパターンの組合わせが生まれたのですが、「まぁ、プログラムで重み付けとか自動で計算させて出た結果なのでそれを信じよう(;´Д`)」と最後は妥協して印刷。ただ、せっかく作ったのを個人だけで使用するのも勿体ないので公開しようと思います。

【ダブルス組合せ表(乱数表)】
ダブルス組合せ表(プレイヤー4人〜15人、全試合)(PDFファイル)
ダブルス組合せ表(プレイヤー4人〜20人、50試合まで)(PDFファイル)

・ 特定のプレイヤーが超優先されないに考慮(番号が若い方が優先)
・ 同じペアが連続して試合に登場しないように考慮
・ 同じメンツでの試合が連続して出ないように考慮

もし使えそうなら自由に使って頂ければ幸いですが、下記はお約束です。
・ この表は完全な組み合わせを保証しているものではありません。
・ この表を利用して如何なる不利益が生じたとしても、当方は一切関知しません。
・ この表を改変しての再配布は問題ありませんが、その際は当方の著作権表示は外して下さい。

あ…、ちなみに↑の組合せ表は「コート1面版のみ」です。n面対応版も出来なくはないと思いますが、1面でも結構あーでもないこーでもないってなったのと、主に自分で使うように作ったもので、利用シーンがほぼ1面だけなので…(;´Д`)



ちなみにちなみに、組合せ表は適当な大きさに整形・印刷して、↑のようなハードカードケースに入れて、実際に使う時は100均の磁石で「どこまで進んだか」を目印するようにしています。カードケースは普通の文房具屋さんで100円くらいで買えますし、磁石もCan★Do製なので勿論ワンコインです。そしてこの磁石、ネオジム磁石なのでかなり強力(ハードカードケース越しでも両方向からガッチリ挟めます!)なのと、ボタン電池より薄いので出っ張りが気にならず、とても使い勝手が良いです。この組合さはコスパ的に想像以上に良かったので、お勧めです(*‘ω‘ *) (ただ、ラケットバッグなどに忍び込ませておいた場合、磁力が電子機器に影響するかもしれないので、そこは自己責任でお願いします)

ここから先(続きを読む)は、表を生成した際のプログラムについてのお話です。
興味のある方だけ見て頂ければと思います(ソースのポロりもあるよ!!)
実はこのブログエントリも、カテゴリーが「PROGRAMING」になってるっていう(笑
続きを読む >>

XYST ZERO 限定キャップ

  〜 2017/02/18 〜
ネット通販の商品到着を待っていたとある日、ピンポーンが鳴ったので荷物を受け取ったのですが、なぜか頼んでいないミズノさんからの荷物が届きました…。予想外の展開に一瞬面喰いましたが「動揺を悟られたら負けだ」と思い、何とか平静を装いながら受取印を押しました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



「ミズノさんでは直近で何も買ってないけどなぁ〜」と思いながら、送り状を見て正体が判明!品名に書かれていたのは「ZERO限定キャップ」、ああ、なるほどなるほど…って、あれ、当たったんだ(゚д゚)!



というのも、この間買ったラケットに付いていたポイントで「ミズノソフトテニスにラケットポケットキャンペーン」応募できたのですが、どうせなら全プレグッズより、抽選であたる限定品の方がいいなーっと思い、「日本代表直筆サイン入りラケットバッグ」と「XYST ZERO 限定キャップ」にチャレンジしていたのでした。ラケットバッグは抽選1名だったので流石に当たらなかったようですが、まさかキャップが当たるとは…。こちらも抽選15名と狭き門だったので期待はしていなかったのですが、無欲の勝利というところでしょうか!?(ノ´∀`*)



そして、早速開封してみたところ…、おぉぉぉぉぉ、XYST ZERO初期カラーと同じイエロー×ブラックのメッシュキャップでした。わー、普通にカッコいい(*‘ω‘ *)



XYST ZEROの文字がしっかりとした刺繍なのと、イエロー×ブラックのグラデーションのペイントもいい感じですねー。自分が使ってるXYST ZEROはホワイト×ブラックの方なのですが、その前に使っていたXYST T1と同じカラーなので、キャップに合わせてT1復活もありかもしれません!?今も勿論ミズノキャップを使用中なのですが、今使ってるキャップがダメになったらこちらを使おうと思います♪



そういえば、XYST ZEROが新発売した際、メルマガのキャンペーンに応募して↑の紐ナップも当たってたんですよね。今はシューズ入れ(紐ナップにシューズを入れて、ラケットバッグのシューズポッケにIN)につかっているのでボロボロなんですけどね。元々、こういったキャンペーンってよく当たる性質なんですが、ソフトテニスグッズはXYST ZEROに縁があるようで、なんだか嬉しいですvvv

ミズノさん、素敵なグッズをいつもありがとうございます!
続きを読む >>
トップへ




ウルティマ ゲームタイム 180 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 90 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 30 をAmazonで購入する
ウルティマ ゲームタイムの価格推移はこちら!
more...