ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ねんどたにあんシリーズ [NDS] サガ2・プレイ日記 Diablo HD MOD 週刊 ちょうさを作る

素敵ウォッチスタンド

  〜 2018/08/15 〜
以前、そこそこお高い腕時計を愛用していたのですが、自分の不注意で紛失してしまって以来「時計購入禁止令」が出ていたぺいるです、こんにちは。そんな禁止令が出ていたワタクシなんですが、そろそろ時効を迎えたのと本人猛省により禁止令が解け、新しい相棒を購入することができました。折角なのでウォッチスタンドもちゃんと用意しようと思って色々見ていたのですが、とあるスタンドに一目惚れして迷わず購入。そしてとても素敵な一品だったのでご紹介です!



それが、この「豊岡クラフト」さんのウォッチスタンドです。商品説明はHPの商品紹介ページで詳しく紹介されていて、それだけで購入決定に至ったのですが、実際に手に取ってみても説明通りとっても素敵なスタンドでした。



折角なので、うちの子(OMEGA Speedmaster Racing - 326.30.40.50.01.001)を置いた写真もパシャリ。時計自体は長く使えるシックなモデルにしたのですが、このアンティーク調なスタンドが良く似合います。また、自分は小さめなケースサイズが好みなので、今回の相棒も40mmのモデルにしたのですが、このサイズならスタンドに対して大き/小さ過ぎず、ジャストサイズといった感じです。



そして、横から見た写真がこちら。HPの商品紹介にも記載のある通り、背面にある溝に三つ折れバックルの先端が引っかかかるので、綺麗にセットすることができます。また、某通販サイトのレビューで話題になっていた「本体が想像以上に軽い」ですが、確かに本体は軽いのですが、土台とのバランスや時計の荷重から、時計をセットして倒れることはなさそうです。(あくまで個人の感想ですので、参考程度にお願いします

今回、スタンドを検討している際に「通常のスタンドにするか、ワインディングマシーンにするか」も迷っていたのですが、このスタンドにして大変満足です。これでお値段3,000円程度と、価格面でも大変お手頃。豊岡クラフトさんは他にも色々な商品があって、他の商品も購入検討してみようかなーっと思います。個人的には「かばん置き」が気になる&欲しい…。

いやー、非常に良い買い物でした(ˊᗜˋ*)
続きを読む >>

ラケットに入った砂…

  〜 2018/02/18 〜
このところ、テニス(軟らかい方)でラケット操作をする度に「カラカラ」と音が鳴って気になって仕方ありませんでした。オムニコートでのプレーがメインなので、オムニ特有の細かな砂が入ったのかな?っとラケットを振って排出を試みていたのですが一向に出てくれません…。プレー中も「何だかマラカスを振っているよう」で非常に気になって仕方なかったところ、チームメイトの方から「グリップエンドの所から出せませんかね?」との金言が!(`・ω・´)

ワテクシ、太いグリップが好きでオーバーグリップはよく巻けど、恥ずかしながら元グリを外したことがなかったのでその発想はなかったのです。そして、今使っている「Mizuno Xyst T-ZERO」はエンドバッジが取り換え可能なモデルなので、バッジの下に穴が空いていることを願って、意を決してエンドバッジを外してみました。(エンドバッジ交換の記事はいくつかあったのですが、その下に穴が空いているかどうかは確認できなかったので…)



おおーー、フレームの空洞に通じる穴が空いてたー!ꉂ(ˊᗜˋ*)

そして、その穴から無事に異音の原因を排出できました。異音の原因はやはり砂だったのですが、一体どこから入ったのか…。グロメットもまだそんなに傷んでいないので隙間はないように見えるし…、謎い。…とまぁ、無事問題解決には至ったのですが、マイナスドライバーでこじ開けたときにエンドバッジが少し変形したようで、若干気になる感じに。



…と思ったら、ちゃんと調べてみたらミズノの公式サイトにエンドバッジの交換方法の説明があって、「一度取り外したマークは粘着力が落ち、又、変形により再利用が出来ませんのでご注意願います。」との記載が。つーか、この説明でちゃんと「エンドバッジの下に穴がある」ことも確認できたし!「穴空いてなかったら無駄死にだな…」ってドキドキした時間を返して(笑
http://products.mizuno.jp/c/item/6ZA20064/016003004

今日は思い付きで(エンドバッジ外しを)やったので替えのエンドバッジも用意しておらず、とりあえず既存のものをそのまま再装着しましたが、今度交換用のエンドバッジを買ってこようと思います。お値段見たら、結構頻繁に交換するグリップテープよりお安いですしね。ただ、Xyst T-ZEROに元から付いている「青+黒」のエンドバッジは売ってないみたいなんですよねぇ。白×黒×赤のカラーリングなので、赤いのが似合うかなー?今度試してみようと思います(`・ω・´)

一応、同じ事象で困った人がいたらと思って簡単な記事まで。ミズノ製ラケットであれば、エンドバッジ交換が可能なモデルには適用できると思いますが、確証はないので、作業実施は自己責任でお願いします!




【追伸】赤色に換装してみましたが、ラケットのカラーリングと合って良い感じです♪(ˊᗜˋ*)

続きを読む >>

ねんどろいど風Rokoさん

  〜 2017/12/29 〜
気付けば2017年も終わろうとしていますね、年の瀬です。今年は本当に(リアル仕事が)忙しかった!就業時間的にはそうでもなかったのですが、仕事で心労の絶えない日々の連続でした。こんなにストレス溜まったらハゲる!白髪る!!…と、プロジェクト納期・責任とは違った恐怖に悩んでおりましたが、全く大丈夫でした。所詮、忙しかったといってもそんな程度なんでしょうね!ꉂ(ˊᗜˋ*)オワリヨケレバスベテヨシ

さて、そんな忙しさもあって、3Dモデリング系のブログ記事っていうか創作活動自体が久しぶりだなーっと思っているのですが、ブログ記事を調べてみたところ、前回の関連記事は2016年5月っていうね…。はい!久しぶりにねんどろいど風作品です!!(`・ω・´)@無理矢理導入

さてさて、今回はUOお友達のRokoさんを作らせて頂きました!以前からレアコレクター同志として、Rokoさんのご活躍は指をくわえて拝見させて頂いていたのですが、ひょんなことでじっくり語らうお時間がありました。レアのことから始まり、リアルのことまで楽しくお話させて頂いたのですが、なんでもこの「ねんどろいど風作品」を以前からご覧頂けていて、御贔屓にして下さっていたとのこと。そうならもっと早く言って頂ければよかったのに!こんなので喜んで頂けるのなら幾らでもですよ!!(レアゲットより簡単ですお!!)



ということで、今回はRokoさんのUOキャラを作らせて頂きました。うん、眩しいですね、ブレイズ髪染め!今回、こちらの髪の表現が1つのポイントでもありました。作品化にあたって、事前にお聞きしたRokoさんのキャラ紹介(っていうか、ナカノヒトのご性格w)から感じたRokoさん像を妄想化する方針にするか、頂いたUOキャラのPDからUOキャラ再現の方針にするか迷っていました。色々お話を聞いていたのでRokoさん像も結構頭の中にあったのですが、やはりPDを見て「レアコレクターっぽいなー」(誉め言葉です☆)っと感じたのが大きく、今回は「妄想(で勝手に服装とか盛るの)はそこそこにしておいて、UOキャラを再現してみよう!」というチャレンジになりました。

そんなUOキャラPDで、言わずもがな強力なインパクトがあったのが「ブレイズ髪染め」と、後はレアコレクター御用達の「氷スペルブック」でしょうか。普段、妄想気味で表現するときは中々ダイレクトに表現しない(作品感に合わない)色合いのアイテムですが、今回は敢えてダイレクトに表現してみることに。プロトタイプを作成するまでは「派手過ぎてダメかな?」ととても心配していたのですが、いざ表現してみるとこれが中々どうして!「vidro」でのレンダリング時に発光(Emission)設定で表現してみたのですが、それなりに表現できたのでは?と思います。似非フィギュアで本物チックな表現を目指している当ねんどろいど風シリーズではありますが、これはこれで良いのでは?っていうか、純粋にカッコいい…。こう感じちゃう辺り、自分もどっぷり「UO脳」なのかもしれませんね(笑



もう1つ、リュート無しバージョン。今回は「UOキャラ再現方針」を立てたので、装備品はUO内の装備をできるだけ再現してみたのですが、特にリュートは装備されていなかったんですね。ただ、色々とお話を聞いていたので、「Roko the Vocalist」が作品コンセプトだったし、UOキャラ再現だけだとどうしてもシンプルで「ブレイズ&氷スペルブックのインパクトだけ」の作品になっていたので、後からリュートを持たせてバランスを取ってみました。この辺り、勝手にやっちゃってごめんなさい!あと、「白襟+フリルっぽいの」を付けたかったのと、ネックレスが「バックル付き」になってるのはぺいるの趣味と妄想の捨てきれなかった所です、ごめんなさい!!(ネックレスの緑は踏襲しているのでお許しを!!)



もう1つ、WIP的な1枚。氷スペルブックは発光設定で見えにくいのですが、実はちゃんと魔法陣模様を表現していたりします。あと、タリスマンに至っては色・形状そのまんまに再現してみました。それをどこに付けるかは少し悩んだのですが、最終的に帽子の脇にバッジっぽく付けてみました。ちなみに次点は、エプロンにブローチっぽくでした。その他、ブレスレット装備(まぁ、UOプレイヤーなら装備率ほぼ100%でしょうけど…)なので、左腕にだけ付けていたりするのですが…作品のポーズ&アングル的に見えないっっていうっっ!!(´;ω;`)ウッ…

あっ、ちなみになんですが、氷スペルブックを置いている木製のスタンド、もちろん「サーバーバースレアの"Music Stand"」ですよ!地味に、UOグラフィック完全再現(笑

さてさて、最後になりますが、Rokoさん愛溢れるキャラを作らせて頂いてありがとうございます!このお話を頂いてから、忙しさにかまけて遅くなっちゃってごめんなさい。久しぶりに3Dモデリング活動ができたのと、新しい試みで色々学びも多かったのと、やはり単純に「あーでもない、こーでもない」と妄想&試行錯誤している時間は最高に楽しかったです、本当にありがとうございました!>Rokoさん
トップへ




ウルティマ ゲームタイム 180 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 90 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 30 をAmazonで購入する
ウルティマ ゲームタイムの価格推移はこちら!
more...