ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ねんどたにあんシリーズ [NDS] サガ2・プレイ日記 Diablo HD MOD 週刊 ちょうさを作る

素敵ウォッチスタンド

  〜 2018/08/15 〜
以前、そこそこお高い腕時計を愛用していたのですが、自分の不注意で紛失してしまって以来「時計購入禁止令」が出ていたぺいるです、こんにちは。そんな禁止令が出ていたワタクシなんですが、そろそろ時効を迎えたのと本人猛省により禁止令が解け、新しい相棒を購入することができました。折角なのでウォッチスタンドもちゃんと用意しようと思って色々見ていたのですが、とあるスタンドに一目惚れして迷わず購入。そしてとても素敵な一品だったのでご紹介です!



それが、この「豊岡クラフト」さんのウォッチスタンドです。商品説明はHPの商品紹介ページで詳しく紹介されていて、それだけで購入決定に至ったのですが、実際に手に取ってみても説明通りとっても素敵なスタンドでした。



折角なので、うちの子(OMEGA Speedmaster Racing - 326.30.40.50.01.001)を置いた写真もパシャリ。時計自体は長く使えるシックなモデルにしたのですが、このアンティーク調なスタンドが良く似合います。また、自分は小さめなケースサイズが好みなので、今回の相棒も40mmのモデルにしたのですが、このサイズならスタンドに対して大き/小さ過ぎず、ジャストサイズといった感じです。



そして、横から見た写真がこちら。HPの商品紹介にも記載のある通り、背面にある溝に三つ折れバックルの先端が引っかかかるので、綺麗にセットすることができます。また、某通販サイトのレビューで話題になっていた「本体が想像以上に軽い」ですが、確かに本体は軽いのですが、土台とのバランスや時計の荷重から、時計をセットして倒れることはなさそうです。(あくまで個人の感想ですので、参考程度にお願いします

今回、スタンドを検討している際に「通常のスタンドにするか、ワインディングマシーンにするか」も迷っていたのですが、このスタンドにして大変満足です。これでお値段3,000円程度と、価格面でも大変お手頃。豊岡クラフトさんは他にも色々な商品があって、他の商品も購入検討してみようかなーっと思います。個人的には「かばん置き」が気になる&欲しい…。

いやー、非常に良い買い物でした(ˊᗜˋ*)
続きを読む >>

ラケットに入った砂…

  〜 2018/02/18 〜
このところ、テニス(軟らかい方)でラケット操作をする度に「カラカラ」と音が鳴って気になって仕方ありませんでした。オムニコートでのプレーがメインなので、オムニ特有の細かな砂が入ったのかな?っとラケットを振って排出を試みていたのですが一向に出てくれません…。プレー中も「何だかマラカスを振っているよう」で非常に気になって仕方なかったところ、チームメイトの方から「グリップエンドの所から出せませんかね?」との金言が!(`・ω・´)

ワテクシ、太いグリップが好きでオーバーグリップはよく巻けど、恥ずかしながら元グリを外したことがなかったのでその発想はなかったのです。そして、今使っている「Mizuno Xyst T-ZERO」はエンドバッジが取り換え可能なモデルなので、バッジの下に穴が空いていることを願って、意を決してエンドバッジを外してみました。(エンドバッジ交換の記事はいくつかあったのですが、その下に穴が空いているかどうかは確認できなかったので…)



おおーー、フレームの空洞に通じる穴が空いてたー!ꉂ(ˊᗜˋ*)

そして、その穴から無事に異音の原因を排出できました。異音の原因はやはり砂だったのですが、一体どこから入ったのか…。グロメットもまだそんなに傷んでいないので隙間はないように見えるし…、謎い。…とまぁ、無事問題解決には至ったのですが、マイナスドライバーでこじ開けたときにエンドバッジが少し変形したようで、若干気になる感じに。



…と思ったら、ちゃんと調べてみたらミズノの公式サイトにエンドバッジの交換方法の説明があって、「一度取り外したマークは粘着力が落ち、又、変形により再利用が出来ませんのでご注意願います。」との記載が。つーか、この説明でちゃんと「エンドバッジの下に穴がある」ことも確認できたし!「穴空いてなかったら無駄死にだな…」ってドキドキした時間を返して(笑
http://products.mizuno.jp/c/item/6ZA20064/016003004

今日は思い付きで(エンドバッジ外しを)やったので替えのエンドバッジも用意しておらず、とりあえず既存のものをそのまま再装着しましたが、今度交換用のエンドバッジを買ってこようと思います。お値段見たら、結構頻繁に交換するグリップテープよりお安いですしね。ただ、Xyst T-ZEROに元から付いている「青+黒」のエンドバッジは売ってないみたいなんですよねぇ。白×黒×赤のカラーリングなので、赤いのが似合うかなー?今度試してみようと思います(`・ω・´)

一応、同じ事象で困った人がいたらと思って簡単な記事まで。ミズノ製ラケットであれば、エンドバッジ交換が可能なモデルには適用できると思いますが、確証はないので、作業実施は自己責任でお願いします!




【追伸】赤色に換装してみましたが、ラケットのカラーリングと合って良い感じです♪(ˊᗜˋ*)

続きを読む >>

XYST ZERO 限定キャップ

  〜 2017/02/18 〜
ネット通販の商品到着を待っていたとある日、ピンポーンが鳴ったので荷物を受け取ったのですが、なぜか頼んでいないミズノさんからの荷物が届きました…。予想外の展開に一瞬面喰いましたが「動揺を悟られたら負けだ」と思い、何とか平静を装いながら受取印を押しました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



「ミズノさんでは直近で何も買ってないけどなぁ〜」と思いながら、送り状を見て正体が判明!品名に書かれていたのは「ZERO限定キャップ」、ああ、なるほどなるほど…って、あれ、当たったんだ(゚д゚)!



というのも、この間買ったラケットに付いていたポイントで「ミズノソフトテニスにラケットポケットキャンペーン」応募できたのですが、どうせなら全プレグッズより、抽選であたる限定品の方がいいなーっと思い、「日本代表直筆サイン入りラケットバッグ」と「XYST ZERO 限定キャップ」にチャレンジしていたのでした。ラケットバッグは抽選1名だったので流石に当たらなかったようですが、まさかキャップが当たるとは…。こちらも抽選15名と狭き門だったので期待はしていなかったのですが、無欲の勝利というところでしょうか!?(ノ´∀`*)



そして、早速開封してみたところ…、おぉぉぉぉぉ、XYST ZERO初期カラーと同じイエロー×ブラックのメッシュキャップでした。わー、普通にカッコいい(*‘ω‘ *)



XYST ZEROの文字がしっかりとした刺繍なのと、イエロー×ブラックのグラデーションのペイントもいい感じですねー。自分が使ってるXYST ZEROはホワイト×ブラックの方なのですが、その前に使っていたXYST T1と同じカラーなので、キャップに合わせてT1復活もありかもしれません!?今も勿論ミズノキャップを使用中なのですが、今使ってるキャップがダメになったらこちらを使おうと思います♪



そういえば、XYST ZEROが新発売した際、メルマガのキャンペーンに応募して↑の紐ナップも当たってたんですよね。今はシューズ入れ(紐ナップにシューズを入れて、ラケットバッグのシューズポッケにIN)につかっているのでボロボロなんですけどね。元々、こういったキャンペーンってよく当たる性質なんですが、ソフトテニスグッズはXYST ZEROに縁があるようで、なんだか嬉しいですvvv

ミズノさん、素敵なグッズをいつもありがとうございます!
続きを読む >>

Xyst T-ZERO

  〜 2017/01/22 〜
ここ最近、リアル仕事が忙しくて中々ブログが更新できていないぺいるです、こんにちわ。そんな忙しかった仕事も、夏前からずっと携わってきたシステム開発も紆余曲折ありながらも何とか無事リリースすることができました。ほぼひとりプロジェクト(ひとりPM、ひとりアーキ、ひとり開発、ひとりテスト…)だったので、予定通り終わらすことができてホッとしました。そんなわけで、前々から欲しかったおニューのテニスラケットですが、半年間頑張った自分へのご褒美ってことで買ってしまいました、念願の『Xyst T-ZERO』\(≧ω≦)/



おぅ…、神々しい…(; ・`д・´)…ゴクリ

今まで使っていたのは人生初Xystシリーズとなった『Xyst T-1』だったのですが、最近のラケットは性能が良く特に不自由しなかったこと、うまくプレイできないのはラケットのせいっていうか自分の腕前だったこと、普通にとってもお気に入りだったこともあり、おニューラケットが欲しいなーっと思いながらも「ま、いっかw」と思っていたら早5年…。5年っていうと、自分の軟テニス歴だった中学・高校でのプレイ期間と同じなんですね(;´Д`)



ということで、そろそろちょうど良いタイミングだったので買ってみたXyst T-ZEROですが、これは惚れる…。実はこのラケットを買ったのが2017年1月17日だったのですが、ちょうどこの日、ミズノさんのニュースリリースで「Xyst T-ZERO新ラケット発売」が出てたんですよねw。その名も『Xyst T-ZERO SONIC』、そろそろ新ラケが出るかもーっというのも買い替えを渋っていた理由の1つなのですが、まさかのこのタイミング。ルンルン気分でラケット購入後帰宅して、このニュースリリースを知ったっていうね(笑。ただ、ラケット選択肢の中で、デザインも結構重要視する自分的にはこのカラーは、、、やっぱり今回買ったホワイト/ブラックの方が断然好みかなー!(@個人の感想です)。



このT-ZEROのカラーリングは、ホントカッコいいです。白黒の中に映える(ガット張り用の)オレンジパーツがそこはかとなくカッコいいです!ホワイトもブラックも、艶消しっぽい感じでいい感じなのと、触り心地も気持ちいいです(笑



シャフト部分に光る「T-ZERO」の文字!(≧ω≦)ノキャーッ



そして、フレームは全体的に丸みがかかっています。ネット上で色々資料写真見てた時はもう少し角っぽいのかなーっと思っていましたが、実際に見てみると思った以上に丸目です。



最後にとってもお気に入りなヘッド部分のデザイン、左右非対象なので…



こんな感じに左右デザインが違いますが、どっちも渋い・ラブい…。
とまぁ、デザインの事しか書かないのもどうかと思うので実際の打ってみた感想も書いておきますねw

まず手に取った感想は「軽い」です。今使っているT1も最初は軽いと思ったのですが(そりゃ、その前が15年くらい前のTECHNIX03でしたからねw)、この頃、年のせいなのかなんなのか、ちょっとラケットに重さを感じていたんですよね。実際にはラケット自体の重さはそんなに変わらないと思うのですが、重心の問題でヘッド側が軽い気がします。

そして、打ってみた感想は、とにかく振り抜きが素晴らしい(シュッて振れます、シュッて!w)のと、ボレー・スマッシュの弾きが気持ちいいです。いいですね、ヘッドが軽いのでネット際でのラケット操作がしやすいですし、インパクトすると気持ちいいぐらいに弾けます。昔から「守りのボレー」がプレイスタイルだった自分は、どうしてもローボレーなんかで攻めきれないことが多いのですが、弾きのお陰で攻撃的なボレーがやりやすいです。

あと、打った感じが軟らかい感じもしました。よくしなる感じですかね?ただ、ラケットフェイスが小さくなったのと、今回はガットもいつもより強め(32ポンド)で張ったので、飛びにくいだろうなーっとは予想していたのですが、思いのほか飛びます。これがフレームのしなりの影響なのか、今回張ったガット(テックハイパーなのでソフト感強め)の影響なのかは判断できなかったですが、どうしてもドライブ掛け過ぎ気味でショートボールになることが多い自分には、慣れればよいかもしれません。

…とまぁ、ソフトテニス再開して早5年になるというのに、未だにへっぽこな自分のあくまで個人的な感想ですので、参考程度でお願い致します!
続きを読む >>

OUTATIME

  〜 2016/10/03 〜
「OUTATIME」と聞けば、ピンと来る人にはすぐにピンとくる言葉だと思いますが、ワテクシの大好きな映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(BTTF)のデロリアンについているナンバープレートに書かれている文字列ですね!BTTFの物語の舞台はカリフォルニア州ヒルバレー、もちろんヒルバレーは架空の地名なんですが、この利用されているナンバープレートは85年当時のカリフォルニア州のものを利用しているように見えます。



映画を見たことのある人は、このシーンで必ずソロで見てるはずですw。劇中ではあまりアップで映らないのでどの程度本物のプレートデザインかは分からないのですが、大体のデザインは本物のようですね。デザイン的に82年〜87年のようで、劇中の年月日とも一致していますね。ただ、アメリカのナンバーは7桁なので、「OUT A TIME」だと8桁になってしまうことからして、ナンバー自体はあくまで撮影用のようですが。



そんな「OUTATIME」なナンバープレートですが、BTTF好きというのもありますが、デザイン的にもとっても好きなんですよねー。このカリフォルニア州のデザインがまたポップで可愛いというか、シンプルなんだけど配置、配色共にとっても好みです(自分、無類のオレンジ好きですしねw)。なので、この「OUTATIME」のグッズなんかがあれば欲しいなーっと常々思っていたのですが、色々調べていると、今はグッズ作成サービスもかなり安価であるみたいですね!

そこで、今回見つけたのが「オリジナルプリント.jp」さんという、データ入稿型のオーダーメイドサービスをやられているサイトでした。こういうサービス自体は昔から結構あったし、自分も興味があったのでよく調べていたのですが、どうしてもある程度のロット数での注文が必要でしたよね。ただ、このオリジナルプリント.jpさんは1つからでもお安く受け付けて下さるので、「これは!!」と思い、気付けば↑の「なんちゃってOUTATIMEプレートデザイン」(勿論、ベクター形式)を作っていました(笑

 

いや、本気で1枚オーダーしようと思ってたんですよ。なので、綺麗な仕上がりになるようにベクター形式で作ったんですが…。出ました、作り切ったら満足するやつーwww。なので、↑のサイトさんには「システム利用するだけ利用して頼まない」といった感じで恐縮なのですが、色々商品案を試してニヤニヤして終わりました。

まずは本当に頼もうと思っていたTシャツ。しかも、自分の好きなラグランスリーブのTシャツが選べるーー!ってことで、基本はプレートに合わせて白地、それにカリフォルニアちっくなオレンジ(商品的にはゴールドイエローらしいです)を合わせてみました。もしくは…、ネイビーも捨てがたいよなー(色合いも合うし、実際に着ることを考えたら、もうそろそろこれくらいの色じゃないとキツイww)っと、あーでもないこーでもないとやってんですが、こんなのずっと繰り返してたから満足しちゃった&決めきれなくて諦めたんでしょうね(笑

 

そして、お次は…またTシャツ??(;´Д`)

いや、編集ミスじゃないんですよ、上のTシャツとよく見てください!微妙にプレートデザインの所の色合いが明るくなってますからーー!!…というのも、イラレでデータ作ってる時は、それなりに本物に近い感じの色にしたんですが、実際にサイトで注文してみると仕上がりが(元データに比べて)暗いような気がして…。なので、結構明るめの色にした時のものがこちらになります。これくらい明るくても結構いい感じですねぇ。もうっ、悩ましいっ!!

 

お次はキャップ…、うん、普通にありそう(笑。これはこれでいい感じなので、1つ頼んでもいいかなーっと思いました。ただ、これでも印刷可能サイズ最大で設定してみたんですが、じゃっかんデザイン部分が小さいかな?自分はロゴやらデザインやらが「ババーーン、ドドーーン」みたいにある方が好きなので、(印刷可能範囲が)もう少し大きければ良かったですけどね(/ω・\)チラッ>お店の方

 

お次はトートバッグとエプロン。うわーーー、これはイイ。。。どちらもキャンバス生地で淡いベージュなので、こういうアメカジ系デザインがよく合いますね!最初は「TシャツTシャツ…(*´Д`)ハァハァ」と思っていたので全く眼中になかったのですが、まさかのダークホース!トートバッグの方は、普段仕事でノートPCを持ち歩きすることが多いのでそれ用に、エプロンもこんなのあったらかなりテンション上がってまうやろ…(;´Д`)ハァハァ

 

お次はマグカップとポケット付箋。うん、どっちも仕事場で使いたい!会社でマグカップは使わないのですが、こういうのペン立てとかに良いじゃないですか、会社じゃなくても、家のパソコンデスクに置いてあってもいいなー。そして付箋の方も、こんなのをポケットから「スッ…( ー`дー´)キリッ」って出したら、もうどんだけ出来る男なのかと(笑

 

そして最後は枕とアイホンケース。ううううっ、これまた、枕は家のソファーに置いてたらカッコいいだろうし、このデザインのアイホンケースも憧れよねぇ…。まぁ、自分、未だにガラケーなんですけどね!!


いやぁ、自分の好きなデザインで物が作れるこういうサイトって、ホント刺激が強すぎますね( ̄ii ̄)
トップへ




ウルティマ ゲームタイム 180 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 90 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 30 をAmazonで購入する
ウルティマ ゲームタイムの価格推移はこちら!
more...