ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ねんどたにあんシリーズ [NDS] サガ2・プレイ日記 Diablo HD MOD 週刊 ちょうさを作る

XYST ZERO 限定キャップ

  〜 2017/02/18 〜
ネット通販の商品到着を待っていたとある日、ピンポーンが鳴ったので荷物を受け取ったのですが、なぜか頼んでいないミズノさんからの荷物が届きました…。予想外の展開に一瞬面喰いましたが「動揺を悟られたら負けだ」と思い、何とか平静を装いながら受取印を押しました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



「ミズノさんでは直近で何も買ってないけどなぁ〜」と思いながら、送り状を見て正体が判明!品名に書かれていたのは「ZERO限定キャップ」、ああ、なるほどなるほど…って、あれ、当たったんだ(゚д゚)!



というのも、この間買ったラケットに付いていたポイントで「ミズノソフトテニスにラケットポケットキャンペーン」応募できたのですが、どうせなら全プレグッズより、抽選であたる限定品の方がいいなーっと思い、「日本代表直筆サイン入りラケットバッグ」と「XYST ZERO 限定キャップ」にチャレンジしていたのでした。ラケットバッグは抽選1名だったので流石に当たらなかったようですが、まさかキャップが当たるとは…。こちらも抽選15名と狭き門だったので期待はしていなかったのですが、無欲の勝利というところでしょうか!?(ノ´∀`*)



そして、早速開封してみたところ…、おぉぉぉぉぉ、XYST ZERO初期カラーと同じイエロー×ブラックのメッシュキャップでした。わー、普通にカッコいい(*‘ω‘ *)



XYST ZEROの文字がしっかりとした刺繍なのと、イエロー×ブラックのグラデーションのペイントもいい感じですねー。自分が使ってるXYST ZEROはホワイト×ブラックの方なのですが、その前に使っていたXYST T1と同じカラーなので、キャップに合わせてT1復活もありかもしれません!?今も勿論ミズノキャップを使用中なのですが、今使ってるキャップがダメになったらこちらを使おうと思います♪



そういえば、XYST ZEROが新発売した際、メルマガのキャンペーンに応募して↑の紐ナップも当たってたんですよね。今はシューズ入れ(紐ナップにシューズを入れて、ラケットバッグのシューズポッケにIN)につかっているのでボロボロなんですけどね。元々、こういったキャンペーンってよく当たる性質なんですが、ソフトテニスグッズはXYST ZEROに縁があるようで、なんだか嬉しいですvvv

ミズノさん、素敵なグッズをいつもありがとうございます!
続きを読む >>

Xyst T-ZERO

  〜 2017/01/22 〜
ここ最近、リアル仕事が忙しくて中々ブログが更新できていないぺいるです、こんにちわ。そんな忙しかった仕事も、夏前からずっと携わってきたシステム開発も紆余曲折ありながらも何とか無事リリースすることができました。ほぼひとりプロジェクト(ひとりPM、ひとりアーキ、ひとり開発、ひとりテスト…)だったので、予定通り終わらすことができてホッとしました。そんなわけで、前々から欲しかったおニューのテニスラケットですが、半年間頑張った自分へのご褒美ってことで買ってしまいました、念願の『Xyst T-ZERO』\(≧ω≦)/



おぅ…、神々しい…(; ・`д・´)…ゴクリ

今まで使っていたのは人生初Xystシリーズとなった『Xyst T-1』だったのですが、最近のラケットは性能が良く特に不自由しなかったこと、うまくプレイできないのはラケットのせいっていうか自分の腕前だったこと、普通にとってもお気に入りだったこともあり、おニューラケットが欲しいなーっと思いながらも「ま、いっかw」と思っていたら早5年…。5年っていうと、自分の軟テニス歴だった中学・高校でのプレイ期間と同じなんですね(;´Д`)



ということで、そろそろちょうど良いタイミングだったので買ってみたXyst T-ZEROですが、これは惚れる…。実はこのラケットを買ったのが2017年1月17日だったのですが、ちょうどこの日、ミズノさんのニュースリリースで「Xyst T-ZERO新ラケット発売」が出てたんですよねw。その名も『Xyst T-ZERO SONIC』、そろそろ新ラケが出るかもーっというのも買い替えを渋っていた理由の1つなのですが、まさかのこのタイミング。ルンルン気分でラケット購入後帰宅して、このニュースリリースを知ったっていうね(笑。ただ、ラケット選択肢の中で、デザインも結構重要視する自分的にはこのカラーは、、、やっぱり今回買ったホワイト/ブラックの方が断然好みかなー!(@個人の感想です)。



このT-ZEROのカラーリングは、ホントカッコいいです。白黒の中に映える(ガット張り用の)オレンジパーツがそこはかとなくカッコいいです!ホワイトもブラックも、艶消しっぽい感じでいい感じなのと、触り心地も気持ちいいです(笑



シャフト部分に光る「T-ZERO」の文字!(≧ω≦)ノキャーッ



そして、フレームは全体的に丸みがかかっています。ネット上で色々資料写真見てた時はもう少し角っぽいのかなーっと思っていましたが、実際に見てみると思った以上に丸目です。



最後にとってもお気に入りなヘッド部分のデザイン、左右非対象なので…



こんな感じに左右デザインが違いますが、どっちも渋い・ラブい…。
とまぁ、デザインの事しか書かないのもどうかと思うので実際の打ってみた感想も書いておきますねw

まず手に取った感想は「軽い」です。今使っているT1も最初は軽いと思ったのですが(そりゃ、その前が15年くらい前のTECHNIX03でしたからねw)、この頃、年のせいなのかなんなのか、ちょっとラケットに重さを感じていたんですよね。実際にはラケット自体の重さはそんなに変わらないと思うのですが、重心の問題でヘッド側が軽い気がします。

そして、打ってみた感想は、とにかく振り抜きが素晴らしい(シュッて振れます、シュッて!w)のと、ボレー・スマッシュの弾きが気持ちいいです。いいですね、ヘッドが軽いのでネット際でのラケット操作がしやすいですし、インパクトすると気持ちいいぐらいに弾けます。昔から「守りのボレー」がプレイスタイルだった自分は、どうしてもローボレーなんかで攻めきれないことが多いのですが、弾きのお陰で攻撃的なボレーがやりやすいです。

あと、打った感じが軟らかい感じもしました。よくしなる感じですかね?ただ、ラケットフェイスが小さくなったのと、今回はガットもいつもより強め(32ポンド)で張ったので、飛びにくいだろうなーっとは予想していたのですが、思いのほか飛びます。これがフレームのしなりの影響なのか、今回張ったガット(テックハイパーなのでソフト感強め)の影響なのかは判断できなかったですが、どうしてもドライブ掛け過ぎ気味でショートボールになることが多い自分には、慣れればよいかもしれません。

…とまぁ、ソフトテニス再開して早5年になるというのに、未だにへっぽこな自分のあくまで個人的な感想ですので、参考程度でお願い致します!
続きを読む >>

OUTATIME

  〜 2016/10/03 〜
「OUTATIME」と聞けば、ピンと来る人にはすぐにピンとくる言葉だと思いますが、ワテクシの大好きな映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(BTTF)のデロリアンについているナンバープレートに書かれている文字列ですね!BTTFの物語の舞台はカリフォルニア州ヒルバレー、もちろんヒルバレーは架空の地名なんですが、この利用されているナンバープレートは85年当時のカリフォルニア州のものを利用しているように見えます。



映画を見たことのある人は、このシーンで必ずソロで見てるはずですw。劇中ではあまりアップで映らないのでどの程度本物のプレートデザインかは分からないのですが、大体のデザインは本物のようですね。デザイン的に82年〜87年のようで、劇中の年月日とも一致していますね。ただ、アメリカのナンバーは7桁なので、「OUT A TIME」だと8桁になってしまうことからして、ナンバー自体はあくまで撮影用のようですが。



そんな「OUTATIME」なナンバープレートですが、BTTF好きというのもありますが、デザイン的にもとっても好きなんですよねー。このカリフォルニア州のデザインがまたポップで可愛いというか、シンプルなんだけど配置、配色共にとっても好みです(自分、無類のオレンジ好きですしねw)。なので、この「OUTATIME」のグッズなんかがあれば欲しいなーっと常々思っていたのですが、色々調べていると、今はグッズ作成サービスもかなり安価であるみたいですね!

そこで、今回見つけたのが「オリジナルプリント.jp」さんという、データ入稿型のオーダーメイドサービスをやられているサイトでした。こういうサービス自体は昔から結構あったし、自分も興味があったのでよく調べていたのですが、どうしてもある程度のロット数での注文が必要でしたよね。ただ、このオリジナルプリント.jpさんは1つからでもお安く受け付けて下さるので、「これは!!」と思い、気付けば↑の「なんちゃってOUTATIMEプレートデザイン」(勿論、ベクター形式)を作っていました(笑

 

いや、本気で1枚オーダーしようと思ってたんですよ。なので、綺麗な仕上がりになるようにベクター形式で作ったんですが…。出ました、作り切ったら満足するやつーwww。なので、↑のサイトさんには「システム利用するだけ利用して頼まない」といった感じで恐縮なのですが、色々商品案を試してニヤニヤして終わりました。

まずは本当に頼もうと思っていたTシャツ。しかも、自分の好きなラグランスリーブのTシャツが選べるーー!ってことで、基本はプレートに合わせて白地、それにカリフォルニアちっくなオレンジ(商品的にはゴールドイエローらしいです)を合わせてみました。もしくは…、ネイビーも捨てがたいよなー(色合いも合うし、実際に着ることを考えたら、もうそろそろこれくらいの色じゃないとキツイww)っと、あーでもないこーでもないとやってんですが、こんなのずっと繰り返してたから満足しちゃった&決めきれなくて諦めたんでしょうね(笑

 

そして、お次は…またTシャツ??(;´Д`)

いや、編集ミスじゃないんですよ、上のTシャツとよく見てください!微妙にプレートデザインの所の色合いが明るくなってますからーー!!…というのも、イラレでデータ作ってる時は、それなりに本物に近い感じの色にしたんですが、実際にサイトで注文してみると仕上がりが(元データに比べて)暗いような気がして…。なので、結構明るめの色にした時のものがこちらになります。これくらい明るくても結構いい感じですねぇ。もうっ、悩ましいっ!!

 

お次はキャップ…、うん、普通にありそう(笑。これはこれでいい感じなので、1つ頼んでもいいかなーっと思いました。ただ、これでも印刷可能サイズ最大で設定してみたんですが、じゃっかんデザイン部分が小さいかな?自分はロゴやらデザインやらが「ババーーン、ドドーーン」みたいにある方が好きなので、(印刷可能範囲が)もう少し大きければ良かったですけどね(/ω・\)チラッ>お店の方

 

お次はトートバッグとエプロン。うわーーー、これはイイ。。。どちらもキャンバス生地で淡いベージュなので、こういうアメカジ系デザインがよく合いますね!最初は「TシャツTシャツ…(*´Д`)ハァハァ」と思っていたので全く眼中になかったのですが、まさかのダークホース!トートバッグの方は、普段仕事でノートPCを持ち歩きすることが多いのでそれ用に、エプロンもこんなのあったらかなりテンション上がってまうやろ…(;´Д`)ハァハァ

 

お次はマグカップとポケット付箋。うん、どっちも仕事場で使いたい!会社でマグカップは使わないのですが、こういうのペン立てとかに良いじゃないですか、会社じゃなくても、家のパソコンデスクに置いてあってもいいなー。そして付箋の方も、こんなのをポケットから「スッ…( ー`дー´)キリッ」って出したら、もうどんだけ出来る男なのかと(笑

 

そして最後は枕とアイホンケース。ううううっ、これまた、枕は家のソファーに置いてたらカッコいいだろうし、このデザインのアイホンケースも憧れよねぇ…。まぁ、自分、未だにガラケーなんですけどね!!


いやぁ、自分の好きなデザインで物が作れるこういうサイトって、ホント刺激が強すぎますね( ̄ii ̄)

ウエーブエクシードツアー OC

  〜 2016/07/17 〜
趣味のソフトテニスで、今履いているのが以前NIKEiDでカスタマイズオーダーした「NIKE ZOOM BREATH 2K11『GLAMOROUS』」。自分でカスタマイズしただけあってとってもお気に入りなのですが、流石に4年も経過すると随分ボロボロになってきました…。特にインソールが一番ダメージを食らう訳で、オリジナルのインソールは結構前に大破、替えのインソールにもついに穴が開いてしまい、プレイで足に痛みが走るようになりました。シューズ自体はヘタってきてはいるのですがまだ全然履けるので再びインソールの交換でも良いのですが、インソールもそこそこのお値段がする(といっても3000円程度の比較的安い奴)んですよね。ってことで、買っちゃいました、おニューのテニスシューズ♪(*‘ω‘ *)



今のテニスシューズ(NIKE)も気に入ってはいたのですが、ラケット(昔はTECHNIX03派、今はXYST派)、ウェア、アンダーウェア(バイオギア)、ラケットバッグもミズノというミズノっ子なので、実は前々から気になっていたミズノのウェーブエクシードシリーズ。特に「足入れ革命」の謳い文句にとっても惹かれていたんですよね…、ってことで買ったのが、ミズノの「ウエーブエクシードツアー OC」。わー、ミズノのテニスシューズ買うの、実に中学生以来だったりしますヾ(*´∀`*)ノ



購入したのが2016年7月。世の中的には「ウエーブエクシード2」が発売されたというのに、今回買ったのはまさかの前期モデルです!何故か、1も2も販売価格はほぼ変わらないんですよね。そして、もちろん1→2に進化しているだけあって2の方が新機能が増えていて、機能的には2の方が良さそうなのです…が、そこは敢えての1買いです。はい、単純にこのカラーリングに惚れたんですよね!個人的には「好きな色の靴履いてテンションUP>新機能」な気がするので、俺は何も後悔していないっ(`・ω・´)



いやー、このモデル、カッコいいですよねー。このアウトサイドのデザインがとってもお気に入りです。NIKEiDで作ったやつもそうなんですが「オレンジ×グレー」という(ぺいるの中での)ゴールデンカラーリングのモデルだったので、もう間違いないです!トウ側のオレンジは若干強めの配色ですが、元来「派手好き」なぺいるにはちょうど良いくらいです(笑



インサイドはこんな感じ。インサイド側ってブランドロゴが無かったり、有っても小さ目ってモデルが多いですよね。個人的にはインサイド側にもアウトサイド側と同様に「デデーーーン」っとロゴがあって欲しいタイプなのですが、今回のウエーブエクシードは…まぁ、全体的に好きなデザインなので許容範囲ですね。



ヒール側はこんな感じ。包み込んでくれる感じもデザインもとってもGOODです( ´∀`)bグッ!



ベロタグはこんな感じ。若干大き目かな?最初履いた時、靴紐を上まで通すとこのベロタグにかなり干渉していたので「(履き心地、プレー心地は)大丈夫かなー?」っと思ったのですが、実際にプレーしてみると全くの杞憂でした。むしろ、ベロタグが大きい分、靴紐をしっかり占めると足首全体のホールド感が増す感じがして、プレー心地は最高に気持ちいいです。これも足入れ革命の一環なのかしら…((((;゚Д゚))))オソルベシ



ソールはこんな感じ。安定の「オムニ&クレーコート用」です。ってか、モデル名の「OC」がその略なんでしょうね、オールコート用は「AC」ってなってるし。ちなみに、ぺいるはテニスシューズはなるべく長く持たせたいので、コートへの移動ではテニスシューズは一切履かないようにしてます。アスファルトとか溝かなり削れちゃいますもんね(その変わり、カジュアル用のポンプとかで移動です♪)。なので、今履いているZOOMBREATHEもソールの溝はかなり綺麗に残ってたりします。この子も大切に履いてあげたいと思います(^^



そして、最後にお気に入りのローアングルからの撮影。しまった、この角度&ポーズだとインサイドしか見えないから、「この絵でご飯3杯行ける!」までではなかったです。ま、テニスシューズなので、あくまで機能メインではあるのですが(あれ?前述と矛盾してる?ww)



最後に今回買ったサイズ情報です。

【サイズ参考】※あくまで"個人"の感想です。

<足データ>
・足長:25.5cm、足幅:10.5cm、足囲:23.0cm
・幅広/甲高なので大きめサイズ(つま先は結構空いてます)をいつも愛用しています。

いつもは↑の通り、大きめサイズ(大体27.5cm)を履いていて、ZOOMBREATHEもそのサイズなのですが、今回は思い切ってジャストサイズの26.5cmにしてみました。というのも、やっぱり安心の「ソフトテニスを扱っている」ミズノのシューズだし、日本人向けのサイズ標準ってのもあり、ジャストサイズに踏み切ってみました。あと、実際にフィッティングさせてもらった時に、いろいろ相談させて貰ったのですが「幅広/甲高を縦のサイズで調整するのは良くない」とご指摘頂いたのもあります。カジュアル履き用のスニーカーならそれでも問題ないのですが、スポーツ用となるとそれなりに弊害があったりします。大変満足しているZOOMBREATHEも、たまーにつま先でつんのめることもありますし、指先端に遊びが大きい分、指をまげて踏ん張る癖がついていて、指&爪へのダメージが結構あったりもしました。

サイズ的には、今まで大きめを履く事に慣れていた分「超ジャストサイズ、締め付けられはしないけどピッタリ!」という感じです。足首周りに関しては若干キツめで大丈夫かなーっと思っていましたが、いざプレイしてみると悩みが解消されました。プレーによって靴が馴染んできたのもあると思うのですが、何ていうか「嫌な締め付け」じゃないんですよね。むしろホールド感が心地よく感じてきて、「ああ、これが足入れ革命なんだー」っと思いました。今まで大きめを履いているときは、シューレースで縛るような履き方でしたからね(;´∀`)

ZOOMBREATHEを履いた当初も「軽い!気持ちいい!!」と感じたのですが、流石の計量モデル、軽さが全然違います、とにかく軽いです!そして、凄く足にフィットするので、足への負担もなく、スムーズに踏み出せる感じがしました。これはかなり癖になるかも…(笑。唯一心配事があるとすると、トウのオレンジのパーツが特殊な材質なのですが、耐久性はどんな感じなのでしょうか?今はおニューで触り心地も最高なのですが、ずっと使っていくと硬化&ひび割れとか起きたりするのかなぁ…どうだろう?



ということで新旧交代となったZOOMBREATHEとウエーブエクシードの良友をパシリ。こうやって並べて見ると、大切に大切に履いてきたとはいえ、ZOOMBREATHEのヘタりは隠せませんね。とは言え、ホントにデザイン・フォルムは◎だし、まだ履けなくもないし、今後どうしようかなーっと本気で悩み中です。インソールが逝ってしまっているので本番プレーには使えないものの、安いインソール買って予備ORインドア用に置いておくか、それとも普段のカジュアル履きに転向させるか…本当に悩ましいです!!(;´Д`)
続きを読む >>

ミニフィグ:ウィヴさん

  〜 2016/04/23 〜
ウルティマオンラインの自キャラ・ウィヴさん。数あるキャラの中でも一番のお気に入りの子で、事あるごとにPinky.stやSTiKFASでリアル立体化させたり、3Dモデリングで似非立体化したりと「自キャラが好き過ぎて悲しい」なワタクシですが、前々から「レゴのミニフィグで立体化したいなー」と思っていました。ミニフィグはレゴの一環ではありながらも、別の商品といっても過言でないくらい世の中的に人気があって、色々な商品が販売されています。そんなわけで、ミニフィグのパーツ屋さんなんかもあったりするので色々パーツを探していたんですが、これがまたウィヴさんの代名詞(でもないけど)の「三つ編みおさげ」のヘッドパーツが全然なかったんですね。造形自作までは考えていなかったので、何度かパーツを探して都度断念していたのですが、ついに(といっても数年前?w)三つ編みおさげパーツが出ていたので、念願だった「ウィヴさんミニフィグ化計画」を実行することができました!

今回の基本方針は「可能な限り、出来合いのパーツをそのまま使う」です。過去、パテでパーツ自作や自力塗装などもやりましたが、やはりそこはただの素人。とりあえず完成程度で満足いくものは難しいし、何より保存が効かずに捨てざるを得なかった(何か塗装箇所が剥げたりネバッとしたりして…ううっ、ごめん…ノシ)という悲しい経験からの苦渋の決断でした。まぁ、苦渋でもなんでもなく「餅は餅屋、やっぱり市販品はクオリティ高いよね」なんですけどね(笑。そんなこんなでパーツ屋さんを探しまくり、いくつかの部品を掻き集めのでその紹介からです。



まず、毎回断念に追いやられていた件の「三つ編みおさげ」パーツ。ミニフィグは、レゴのキットに付属している以外にも単品シリーズとして「Minifigures」が発売されていたりします。このシリーズの中で、待望の三つ編みっ子が出ているのに気付いたのが今回の計画再開のきっかけでした。それが↑の「シリーズ11:プレッチェルガール」です。多少髪の毛の色合いが黄色みが強いですが形状はまさにウィヴさんの三つ編みおさげのまんま!レゴ自体肌色カラーが黄色っぽいので、「ミルキーホワイトのウィヴさん+黄色補正でこの色でもアリだろうw」ということで早速購入しました。というか、計画再開の前に気付いたらポチってました(笑。この計画性なしのポチりが、後に悲劇…ではなく、幸運をもたらせてくれたのですがそれは後程…。



次に「白シャツ(半袖)」パーツ。結構ありそうなパーツなのにこれが意外と無かったんですよね…。シャツの柄もそうなんですが、特に半袖!カラーリング的に長袖だったりノースリーブだったりはあるんですが、この半袖っていうのがホント少ない!半袖に関しては素肌カラーの腕を白で塗装すれば良いだけなんですが、基本方針に則って探していたところ、こちらも何とかピッタリなものを見つけました。それが↑の「シンプソンズシリーズ:ホーマー・シンプソン」でした。この胴体パーツと腕パーツがまさにウィヴさんの「襟付き半袖白シャツ」とドンピシャです!1つだけ難があるとすると、ホーマー・シンプソンの体系を表す「お腹ぽっちゃりライン」だけがどうしようか迷ったのですが、下手に消して汚くなるよりかは「うん、これはAカップウィヴさんのわずかな膨らみだ!」と自分に言い聞かせ、そのまま採用することにしました。ちなみに、このミニフィグ、ホントは胴体と腕だけ欲しかったのですが、パーツ屋さんで見つけられなかったので丸々一式購入しました。付属品のドーナツとかは使えるからいいけど、頭は絶対使えません・使いません(笑



そして、残りの足りないパーツのバラ買いです。まず下半身は「裸足+スパッツ」なんですが、そんなマニアックなパーツは如何に世界のレゴ様・ミニフィグ様といえどラインナップには無いようで、ここだけは自作を余儀なくされました。とはいえ、肌色カラーの下半身パーツを黒く塗ってスパッツにするだけなので何とかなりそうです。黒く塗るだけなのと、できる限り塗る箇所は少なくしたかったので↑のような「股関節パーツは黒、脚パーツは肌(黄)色」なものを購入しました。塗装をどこまで頑張るか(Mr.カラーでちゃんとやる?せめてガンダム・マーカー使う??)悩んだのですが、結局のところ「マスキングして黒に塗るだけだよね?しかもちょこっとだけ」だったので、まさかのマッキー(油性)で済ませました(笑。先に紹介したシンプソンの脚パーツがカラー的に用途がなかったので、試し塗りをしてみたところ思いのほかちゃんと塗れたのでマッキー採用です★。1つだけ教訓を書いておくと、ミニフィグ(レゴ)はABS樹脂なので油性塗料だと溶けるみたいです。なので、何度も重ね塗りすると、綺麗になるどころか逆にムラになったので、マッキーで塗装する場合は「スッ、スッ、スッ…」と一発塗りがよいなっと思いました@素人の個人感想です。

この下半身パーツ、塗りに失敗した時のために同じものを3つ買っていたのですが、シンプソンの脚パーツの試塗りのお陰で一発成功です。ありがとうシンプソン(の下半身)、君(下半身)のこと忘れないよ…(´;ω;`)ウッ…



次にスカートの作成です。ミニフィグ自体にもスカートはあるのですが「1.ブロック素材での再現」、「2.布?紙?みたいなのでの再現」の2種類があるようです。ブロック素材の方はその材質ゆえカクカクで「ちょっと違う…」という感じでしたし、そもそもウィヴさんの「チェックのキルト」っぽいのがありませんでした。そこで、布で自作しようとしたのですが、ぺいる、裁縫は大の苦手です…。致命的なことに玉止めができないので、小学生の頃は隣の席の女の子に毎回玉止めをお願いしていたほどです、ごめんよ、○○ちゃん…。で、どうしようかなーっと思っていた所に嬉しい誤算、例のプレッチェルガールがまさにこのスカート付いてたんですね!そこで、このスカートパーツで型を取り、そこに別途用意したはぎれ(布)を貼り付けてミニフィグに装着させることにしました。↑の写真の左上にあるのがプレッチェルガールで、それを元に紙で型紙を作成しました。



位置合わせなどで微調整をした後に、はぎれを両面テープで型紙に貼り付け、あとは普通にミニフィグに装着させる簡単なお仕事です。この際のポイントは、はぎれも普通のハサミでカットしただけなので、カット面から糸がほぐれてしまうので、カット面を裏面に織り込むようにしました。型紙より大きめにはぎれをカットし、はぎれ全面に両面テープを付けて端を型紙の裏に織り込むようにすれば糸ほぐれは解消できて、見た目もよくなりました!あとは、腰に巻く形での装着になるので、終端に糊代を用意して、ここは両面テープでは弱いので装着時に接着剤で固定しました。基本スカートは外さないので、接着剤で十分でした(素体には固定していないので取り外し可能です)。

そんなこんなで、既存パーツ組替えと一部お手軽改造でしたが完成です!



キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!



なんか・・・、とっても・・・、それっぽいです!!(笑
ベースはパーツの組み替えなので、ミニフィグの世界観は壊れませんでした、よかった!



後ろはこんな感じ。三つ編みおさげも白の半袖シャツもホント思った通りのウィヴさんでした。そして、スカートから出たスパッツの部分も、まさかのマッキー(油性)とは思えないほどの出来です。これは今までの立体化作品にはなかった達成感が(笑



お手軽改造個所のアップはこんな感じ。スカートの終端が重なっているので厚みを気にしていましたが、まぁ、多少のダボ付き感はあれど許容範囲ではないでしょうか?チェック模様も(厳密に位置合わせしなかった割には)ちゃんと合ってて結果オーライです。なんというラッキー…っていうか、このあたりが「素人」なんでしょうね(笑



ここからは顔パーツを変えた画像を幾つかパシャリ。今回、パーツ買いをしたので「どうせ1つ数十〜百円だから、構わず買っちゃえ!」ということで、顔パーツはいくつか購入してみました。まず「レゴといえばあの顔だろう」ってことで「・‿  ・」をデフォ顔としていますが、実はこの顔が一番好みです。女の子らしい目元と、そばかす、にっこり口角がとってもキュートです。ウィヴさんきゃわわヾ(*´ω`*)ノ

かーらーのー?



グッドスマイルウィヴさん。ウィヴさんの口癖は「にひひ」なんですが、まさにその表情にピッタリなお顔です。この顔、件のプレッチェルガールの顔だったりするので、三つ編みおさげとの相性も抜群です。うーん、こっちも良いんですよね〜、甲乙つけがたしっ!



そして、お仕事モードな「きりりっ」なお顔2種。ウィヴさんはメリハリのある子と信じているので(←作者は病気です、ご了承下さい)、こういったキリッとした顔も良いかなーっと思って買ってみたのですが、ミニフィグのデフォルメ体系には少し違和感あるかもですね。んまぁ…、数十円とはいえ、折角買ったので写真だけは取っておきます(笑



はい、もういっちょ!(扱いの差っwww)



ということで、お顔着せ替えもできるラインナップでお届けしました〜(笑



勿論、スカートを布で実現しているのでそれなりに足が可動です。こんな風に、裸足でペタペタ歩くウィヴさんも表現出来たりしますぅぅぅきゃわわぁぁぁ(☆ω☆*)



そして、最後に「お仕事(ドーナツゲット♪)終えてご満悦なウィヴさん」をペタペタ♪

構想数年、改造1日という「ウィヴさん・ミニフィグ化計画」、如何だったでしょうか?個人的には思いの他うまくいったのと、(PCモニタの下に鎮座している)この可愛さに毎度ニヤニヤしてしまって、またもや変態度が上がってしまいましたとさ。めでたしめでたし(笑

続きを読む >>
トップへ




ウルティマ ゲームタイム 180 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 90 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 30 をAmazonで購入する
ウルティマ ゲームタイムの価格推移はこちら!
more...