ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ねんどたにあんシリーズ [NDS] サガ2・プレイ日記 Diablo HD MOD 週刊 ちょうさを作る

Win10でtaskmgrを最小化起動したい

  〜 2017/11/03 〜
中の人のリアルお仕事の関係上、そこそこコアにパソコンを利用する必要があり、タスクマネージャを利用することがよくあります。そして、CPUの動きはいつも気にしているので、「タスクマネージャは起動するけど、最小化してタスクトレイにアイコン化して表示」ということが多いのです。



実際の画面をお見せするとこんな感じ。設定していれば、タスクマネージャをタスクトレイに入れるとCPUのグラフが見えるようになるので、CPUが貼りついたりすると「あ、やっべ、無限ループ、っていうかキーボード操作も効かねぇwww」とか気づく訳です。パソコン起動時に自動でこの状態にする「自動で最小化起動」ですが、Windows7(8とVistaは使ったこと無いので分かりませぬ)までは…

1)スタートアップにタスクマネージャ(taskmgr.exe)のショートカットを置く
2)ショートカットの「実行時の大きさ」設定を「最小化」にする
3)タスクマネージャの設定を「最小化時に隠す」にする

で、出来てたんですよね。画面で説明すると、こんな感じ。



タスクマネージャの設定をして、このショートカットをスタートアップに登録しておけば、パソコン起動時に自動で最小化起動され、タスクバーにも表示されていないので非常に使い勝手が良かったのですが、これと同じことがなぜ故かWindows10で出来ずに悩んでいました。Windows10購入当時、色々ググったり試したりしたのですがどうしても実現できず、「まぁ、手動でも比較的簡単にできるからいっか…」と現実から目をそむいていました(;´Д`)

それから早数年、久しぶりに調べ直してみたのですが、やはり結果は変わらず…。ただ、恒久対策とは言わないまでも暫定対策程度のものは出来上がったので、全国で同じ悩みをお持ちの方が3人くらいはいらっしゃるだろうということで、書き残しておきます。


<Windows10でタスクマネージャを自動で最小化起動する方法>

【お約束】暫定対策かつ強引なドリブルなため、実行は自己責任でお願いします!
1)タスクマネージャを起動し、最小化するVBSを作成する(taskmgr.vbs)
2)作成したVBSファイルをスタートアップに登録する

  1. Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
  2. If Wscript.Arguments.Count = 0 Then
  3.     objShell.ShellExecute "wscript.exe", """" & WScript.ScriptFullName & """ runas", "", "runas", 1
  4.     Wscript.Quit
  5. End If
  6. Set objShell = CreateObject("WScript.Shell")
  7. objShell.Run "taskmgr.exe", 1, False
  8. Do
  9.     If objShell.AppActivate("タスク マネージャー") Then
  10.         objShell.SendKeys "% N"
  11.         Exit Do
  12.     End If
  13. Loop
  14. Set objShell = Nothing

まずは1のVBSファイルから、作成したのはこんな内容です。見て頂ければわかると思うのですが、色々ハマった&調べたことの補足を踏まえ、以下、簡単な説明。

1〜5行目:VBScript自体を管理者権限で実行しないと、後続処理の「SendKeysによる最小化」がうまく動きませんでした。Windows10ではユーザーアカウント制御(UAC)が原因でVBScriptを「管理者として実行」できないので、処理先頭で管理者権限へ昇格して、後続の処理を実行させるようにします。

8行目:Runメソッドの第二引数(intWindowStyle)ですが、MSのリファレンスを見てみると、今回の要件にピッタリ合いそうな「0」(ウィンドウを非表示にし、別のウィンドウをアクティブにします。)区分がありました。たしかに「0」で起動させると最小化した状態で立ち上がるのですが、タスクトレイのアイコンダブルクリックでタスクマネージャーを表示させることができず、「タスクトレイのアイコン右クリック>元のサイズに戻す」という操作が必要になります。これは流石にストレスたまるので、無難に「1」を指定しています。

10行目:タスクマネージャの起動までタイムラグがあるので、ウィンドウ名が「タスク マネージャー」のものが出てくるまで待機します。で、お目当てのウィンドウが見つかったら、後続処理のSendKyesメソッドが有効になるよう、AppActivateメソッドでアクティブにする…というのをIF文で。

11行目:ウィンドウをショートカットキーで最小化するには、そのウィンドウをアクティブにしてから「Alt+Spaceを押してN」なので、既にアクティブになっているタスクマネージャのウィンドウに対して、SendKeysメソッドでそれらを送り込みます(Alt+Space→"% "、その後にN→"N")。

あとは2にある通り、作成したVBSファイルをスタートアップに置いておけば完了です。スタートアップ時に一瞬タスクマネージャのウィンドウが見えちゃうのは若干気になりますが、まぁ、パソコン起動時は画面を見ていることがほぼない(帰宅→電源入れる→着替えるのコンボ)ので…。

実は、この暫定対策に行き着くまで、タスクスケジューラからの起動とかも試したのですが、そちらもうまくいきませんでした。仕事のPCはまだWindows7だからよいものの、うーん、Windows10、やっぱり使いにくい!!

もっとスマートな方法ありましたら、ぜひお教えください!\(^ω^)/

ダブルス組合せ表

  〜 2017/04/15 〜


テニスなんかのダブルス競技で、試合の時に使う組合せ表(乱数表)。毎回異なった人数で試合することが多いので、印刷して持っておけば便利ですよね。ということで、自分も印刷してラケットバッグに入れておこうと思ったのですが、いざインターネットで探してみても、あまり出てこないんですよね…。単純に「n人の組合せ」なんで、数学でいう順列・組合せで決まりきった解(表)があるのかなーっと思っていたのですが、いくつか見つかった組合せ表を見ても十人十色。そういえば、うちのテニス仲間の間でも、持っている表にパターンが存在していたような気がします。

そこで「無いなら自分で作ればいいじゃない、サクッといけるでしょ!」と思っていたのですが、いざちゃんと考えてみるとこれがまた以外に奥が深い…。ここ数日間色々試してみて、ロジックの組み方で色んなパターンの組合わせが生まれたのですが、「まぁ、プログラムで重み付けとか自動で計算させて出た結果なのでそれを信じよう(;´Д`)」と最後は妥協して印刷。ただ、せっかく作ったのを個人だけで使用するのも勿体ないので公開しようと思います。

【ダブルス組合せ表(乱数表)】
ダブルス組合せ表(プレイヤー4人〜15人、全試合)(PDFファイル)
ダブルス組合せ表(プレイヤー4人〜20人、50試合まで)(PDFファイル)

・ 特定のプレイヤーが超優先されないに考慮(番号が若い方が優先)
・ 同じペアが連続して試合に登場しないように考慮
・ 同じメンツでの試合が連続して出ないように考慮

もし使えそうなら自由に使って頂ければ幸いですが、下記はお約束です。
・ この表は完全な組み合わせを保証しているものではありません。
・ この表を利用して如何なる不利益が生じたとしても、当方は一切関知しません。
・ この表を改変しての再配布は問題ありませんが、その際は当方の著作権表示は外して下さい。

あ…、ちなみに↑の組合せ表は「コート1面版のみ」です。n面対応版も出来なくはないと思いますが、1面でも結構あーでもないこーでもないってなったのと、主に自分で使うように作ったもので、利用シーンがほぼ1面だけなので…(;´Д`)



ちなみにちなみに、組合せ表は適当な大きさに整形・印刷して、↑のようなハードカードケースに入れて、実際に使う時は100均の磁石で「どこまで進んだか」を目印するようにしています。カードケースは普通の文房具屋さんで100円くらいで買えますし、磁石もCan★Do製なので勿論ワンコインです。そしてこの磁石、ネオジム磁石なのでかなり強力(ハードカードケース越しでも両方向からガッチリ挟めます!)なのと、ボタン電池より薄いので出っ張りが気にならず、とても使い勝手が良いです。この組合さはコスパ的に想像以上に良かったので、お勧めです(*‘ω‘ *) (ただ、ラケットバッグなどに忍び込ませておいた場合、磁力が電子機器に影響するかもしれないので、そこは自己責任でお願いします)

ここから先(続きを読む)は、表を生成した際のプログラムについてのお話です。
興味のある方だけ見て頂ければと思います(ソースのポロりもあるよ!!)
実はこのブログエントリも、カテゴリーが「PROGRAMING」になってるっていう(笑
続きを読む >>

GTの価格推移表作ってみた

  〜 2013/12/09 〜
毎度お世話になっているウルティマオンラインプレイ用のゲームタイム。とかくAmazonでの購入が大変お得なわけですが、どうも結構な価格の変動があるらしく、興味本位で価格の推移表作ってみました。

▽ウルティマ ゲームタイム 価格推移表
http://gametime.pepepepe.com

とりあえずサクッと作成したものとして・・・

1.AmazonのAPI使って価格を調査・蓄積するプログラム(perl、cron実行)
2.1で蓄積した価格をjson形式で返すプログラム(perl)
3.2のjsonデータを受け取ってグラフ表示するプログラム(html、js)

の簡単仕様。いやー、今は「Highcharts」っていう便利なものがあるんですねー(今回使ったのはHighstockの方ですが・・・)。データさえ渡してあげれば簡単に、しかもかなりハイデザインなグラフを出力してくれるんですね。今回のプログラムを組もうとした当初は「GD::Graph」あたりでグラフ作ろうと思ってたのですが、たまたま記事を見かけたので使ってみました♪

色々機能拡張も考えたけど(価格○円割れでお知らせメール送信とか)、個人情報とか管理したくないし、とりあえずの動機が「長いスパンで価格推移見てみたい」なので、下準備完了。あとは1年くらい放置して結果を見てみようと思います(^ω^

JavaScriptでポリゴーン

  〜 2013/06/01 〜
以前、「DOPPO CREATOR」なるWEBサービス(と呼ぶのもおこがましいですが・・・)を作りました。ドットなポリゴン(略してドッポ)をポチポチ打っていって、それを3Dモデリングソフトで読めるOBJ形式で出力するプログラムです。んまぁー、多分、誰得?俺得!なサービスだとは思うのですが…。

この「DOPPO CREATOR」ですが、技術的な実験も含めて作った代物でして、コンセプトは「FLASHみたいなリッチな技術じゃなくて、JavaScriptとかPerlとか、あまりリッチじゃない技術で頑張ってみよう」でした。配布型のアプリケーションとかは嫌だった(わざわざ得体の知れない人が作ったEXEファイルなんて実行したくないよね!)ので、ブラウザアプリにしようと思っていて、操作インタフェースはJavaScript、OBJ変換処理はPerlでガシガシ実装してみました。意外とリッチじゃない技術でも、それなりにリッチな表現って出来るんだなーっていう当時の感想でした。

さてさて、そんな「DOPPO CREATOR」だったのですが、1つだけずっと悩んでいたことがありました。それは「直感的なプレビュー機能」が無い事。16*16*16というかなり広大なドットマップをポチポチ打っていくので、実際に出力すると「ぉぉぅ、1ドットミスっとる・・・orz」ということもしばしば。そういう時のために「前回の出力データを読み込む機能」は用意しているのですが、やっぱり全体的なバランスを見るためにも「直感的なプレビュー機能」が必要だなぁ〜とはずっと思っていたのです。

直感的なプレビュー機能とは何なのか? 3D表示でしょ!(`・ω・´)

ということで、折角の3Dポリゴンサービスなんだから、3D表示でのプレビュー機能はずっと考えていたんですが、それを実現しようとするとやっぱりFLASHとかに頼ることになって、当初のコンセプトから外れるんですよね。そんなこんなでずっと断念してたのですが、昨今、JavaScriptでかなり本格的に3D表示ができること方法があるみたいなんで試してみました。

何を使って実装するのか? Three.jsでしょ!!(`・ω・´)

ってことで、やっと本題。まずは準備段階として、Three.jsを使ってポリゴン表示の習作造ってみようってことでポチポチ組んでみました。とりあえず、既作の「DOPPO CREATOR」にポン付けすることを前提にサンプル作成です。「DOPPO CREATOR」は、各種イベント(色を変えた、消した、etc)が発生すると「どの(XYZ)座標が、どのマテリアル(色)で、どうした」というトリガーを引くようにしていたので、それ前提に実装を考えました。

まずは、全体的なポリゴン表示の方針をどうするか。イベントトリガーに応じて、ポリゴン形状を頂点座標からポチポチ作っていって表示・・・とも思ったのですが、塗りつぶし機能(みたいなの)も有るので、意外とイベントが短時間で発生することもザラです。その場合、一々ドット情報を元にポリゴンを作っていくのは遅いんじゃ?ということでこの方針は断念。それなら、最初からドット単位に立方体のポリゴンを作っておいて、イベント発生時に対象のポリゴンだけ処理(色変えたり、消したり)していくのはどうだろう?その場合、すぐに思いつく懸念は「16*16*16個の立方体ポリゴンを作るので重そう!」です。断念した頂点座標でポチポチポリゴン作っていく方式は、作るのにコストが掛かるけど、作ったポリゴンは面数が最小になるのでそれなりに軽いのです(OBJ形式に出力するときはちゃんとやってるけど、見えないところにある余計な面はちゃんと削除してるからね)。でも、逐次発生するイベントの事を考えると、多少重くても使用に耐えられるのなら後者の方が良さそう〜ってことで、試しに実装してみました。

もう、文章ばっかりでやになっちゃいますね、読んでくれてる人いるのか…(;´д`)

で、結論を言うと、「グリグリ動かして描写処理が走ってるときは多少重いけど、多分イケル」でした。実装当初はかなり重かったのですが、マテリアルとかメッシュのインスタンスを出来る限り共有させてやって、何とか重さも軽減されました。まだ「DOPPO CREATOR」には組み込んでいないのでイベントを連続発生した際の描写処理がどうなるかは試せてないのですが、多分、大丈夫じゃないかな〜っと。イベント発生のトリガーも食える形で仮実装してみたので、ポン付けもすぐ出来そうですし。

とりあえず、今回作成したサンプルを↓にて。Three.js自体がWebGLに対応したブラウザじゃないと動かないので、サンプルが動くかどうかは見る人次第。IEは10でも動きません、IE11で動くようになるかもしれません(Google Chrome Frameを入れると動くとか?)。とりあえずChromeなら動きまする。ホントはCanvas、SVG、CSS3D用レンダラも扱えるのでIEとかでも見れるのですが、試してみたら実用に耐えられない重さでしたっ(・ω<)テヘペロ


画像クリックでサンプルに移動。とりあえずドラッグでポリゴン回転、ドット座標指定しての色変更と削除、縮尺変更、ワイヤーフレーム表示(トグル)が出来まする。

サンプル作ってみた感想は、JavaScriptでここまで&こんなに簡単に3D表現ができるとか凄いなーです。いや、Three.jsが優れているのと、サンプルとか見るともっともっと凄いことが出来るので、決して満足してるわけじゃないんですが。。。それでも、色んな可能性があって、今後も色々試してみたいなーThree.js。

ここまで来て為になりそうな技術的なお話無し。もし「Three.js ポリゴン 表示」とかで来られた方、すみませぬ。↑のサンプルのソースを見て頂ければと思いますが、あまりお役に立たないようなしょぼーい内容です。内容が無いよう、なんつってー(・ω<)テヘペロ


【2013/06/01追記】
あれから、サクッと「DOPPO CREATOR」へのプレビュー機能取り込みをやってみました。イベント連携のI/Fをあわせていたのでホントにそのままポン付けできました。むしろ、用意していた削除処理は色変更処理でうまいこと共有してたので、ポン付けに際して用意していた削除機能が不要に。

とりあえず問題なく動いてるっぽいので新バージョンとして公開。それと今回のバージョンアップに伴い、「[cg]向けファイル出力機能」は機能削除しました。件の[cg]さんですが、どうも運用会社が変わってから元気が無くなり、未だに接続できなくることも多いし、3Dデータ登録もまだ再開してないようですしね・・・残念です。

フリーソフト:カラフルる

  〜 2011/11/03 〜
Windowsが標準で提供しているカラーダイアログ。色々なソフトでも使用されていて、目にする機会は多いと思います。ぺいるも3Dモデリングで六角大王を使うときに、色の設定としてWindows標準のカラーダイアログが出てきます。RGB値を取得するフリーソフトは色々あるので、それで色を吸い取って、そのRGB値を手入力でカラーダイアログに入力していくことが多いのですが、地味にかなり大変な作業ですよね!まさに数桁記号の記憶力との勝負!!(`・ω・´)

そこで、吸い取った色の情報を、そのままカラーダイアログに自動で(もしくは簡単に)設定できるソフトが欲しいなーと常日頃思っていたので、ちょっとC#をやる機会があったこともあってサクッと作ってみました。基本的には、極力シンプルに作ったよくあるRGB値取得ソフトなのですが、他のカラーダイアログに対して色をドロップできるのが強みなソフトです。勿論フリーソフトですが、ご利用は自己責任でお願いしますね☆(ゝω・)vキャピ

さすがに、今回は記事が長くなるので興味のある方は続きをどうぞ。
続きを読む >>
トップへ




ウルティマ ゲームタイム 180 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 90 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 30 をAmazonで購入する
ウルティマ ゲームタイムの価格推移はこちら!
more...