ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ねんどたにあんシリーズ [NDS] サガ2・プレイ日記 Diablo HD MOD 週刊 ちょうさを作る

【ドッポ】PUMPFURY 20th Anniv.

  〜 2014/12/27 〜
2014年も残す所あと数日ですね、時の流れはホントに早いものです…。そんなもう少しで過ぎ去ろうとしている2014年ですが、今年はぺいるが愛して止まない「リーボック インスタ ポンプフューリー 生誕20周年記念」の年だったんですよね!20周年記念ということもあり、OG復刻や各種コラボモデルが沢山出たりもした、ポンプ好きには本当にメデタイ年でした♪

そんなポンプフューリー20周年の記念に、数ヶ月前に「どっとなポリゴン、略してドッポ(`・ω・´)」シリーズで記念作品を作成して勝手にお祝いしたのですが…、3DCGARTSさんには投稿していたものの、このブログには投稿していませんでした。実はブログオリジナルの要素も用意していたので今年中には更新をと思っていたのですが、気付けばこんな年の瀬に。見方を変えれば、間に合ってよかったといった感じでしょうか(;´Д`)



ポンプ20周年の歴史の中でも、一番インパクトがあったのが、某インタビュー雑誌の表紙でした。アイスランド出身の歌手・ビョークが、初代シトロンカラーを履いての豪快なパンチr…もとい、彼女の可愛さとポンプのポップな派手さが相まって、凄く好きな写真でした。そんな、某雑誌の表紙を再現してみたのが↑です。若干角度を変えてますが、あの大胆なパンチr…や、1stモデルのイエローポンプ、肩の刺青辺りも再現です。ちなみに、このビョーク版作品は3DCGARTSさんに投稿していてグリグリ動かせるので、もし宜しければ見てやって下さい☆



いやー、ポンプフューリーを始めて見た時のインパクトも凄かったですが、あの頃(←なぜ強調するしw)のビョークも可愛かったですよねー。このあたりなんかが特に好きなショットで、あの若干切れ長なきつそうな目がモロ好みですねー。@キツイジョセイスキー

そして、ポンプ20周年の歴史を振り返ったときに、もう1つ印象に残っている…というか、多分自分が「ポンプ欲しい!履いてみたい!!」と思ったきっかけが…



どうだろ、若干マイナーな感じなので分からない人もいるかもしれませんが…。望月峯太郎大先生の漫画「ドラゴンヘッド」のヒロイン・アコちゃんです(わーー、ぱちぱちぱち!)。ここではドラゴンヘッドの内容は割愛しますが、この作品というか望月先生の作品って「リアルファッション」の描写が多いことでも有名ですよね。「万祝」ではカトーがもろデロリアンに乗ってるし、主人公のフナコはスタンスミス履いてるし。このドラゴンヘッドでも、いわゆるストリート系と呼ばれるファッションの描写が多くて、特に各キャラクターの足元を飾るスニーカーは、ほとんどのキャラが実際に存在するスニーカーを履いていたりします。主人公のテルはナイキが多いけど、コンバース、ニューバランスなどなど結構いろんなの履いてるシーンがあって、逆にヒロインのアコちゃんは途中から「ポンプ一筋」になるんですよね。このアコちゃん、外見も内面もとても可愛い女の子で、アコちゃんがポンプ履いてたからこそ、自分もポンプ好きになったという(笑




そんなドラゴンヘッドのアコちゃんですが、物語で自分が一番好きな「天城越え」編(勝手に命名w)の際の装備一式をドッポで再現してみました。足元のポンプフューリー(原作の年代的に、カラーは2ndのトリコロールのはず!)は言わずもがな、リュックサックは「GREGORY」、腕時計は「G-SHOCK」を再現。この「天城越え」編は、ホントにハラハラドキドキ、精神的にとても強いアコちゃん(「うるさいッ!!生きることに絶望して人殺しになるようなアイツらの思惑どおりに死にたいのッ!?冗談じゃないッ!!」が激萌え)、だんだん変わっていく仁村、岩田☆素敵(←実はドラゴンヘッドでは一番好きですw)で、こちらも今でも覚えているし、何度も読み返してしまう場面です。そんな場面からのドッポ作品です。

ちなみに↑のG-SHOCKは、むかしむかし(もう15年位前…)、ぺいるが「ポストペットのおやつ職人」をやっていた時の作品の1つ「P-SHOCK」を元にドッポ化してみました。ポスペのおやつも「16×16サイズ」のドット絵だったので、ドッポ化にはちょうどよかったです。そして、昔からドット絵が好きだったんですね(笑



今振り返ると「P-SHOCK」って…(笑



そして、装備品は9mm拳銃のSIG SAUER P220。言わずと知れた自衛隊採用の拳銃ですね。劇中でも自衛隊から抜けてきた仁村たちが装備していたものなので、多分P220だと思います。見た感じも同じように見えるし…(そこまで銃に詳しくなくて間違ってたら申し訳なさす)。

そんなこんなで、ポンプフューリー生誕20周年を勝手に祝おう!計画として、先にお披露目していたビョーク版ドッポ作品と、今回初お披露目となったアコ版ドッポ作品になります。二人ともポンプフューリーを履いているわけですが、実はそれぞれ「ビョークは1stモデルのシトロン」、「アコは2ndモデルのトリコロール」ということで、色分けだけでなく、実はドッポ自体微妙に違っています。1stと2ndだと、トゥ(つま先)のパーツが違っていたり、サイドの穴の開き方も違っていたりするんですよね。その辺りを地味に再現しているので見所の1つとしてみて頂けると☆



1stモデルは、今年にオリジナル復刻としてシトロン、水色共に復刻されましたよね!買おうかどうか迷った(実は未だに迷い中)なのですが、色々と出費が重なったのもあって未だ迷い中。そんなこんなしてるうちに、すぐに売り切れちゃうのにね(ノ∀`)アチャー



こちらは2ndモデル。今回はトリコロールカラーで作品化しました、多分ドラゴンヘッドのアコちゃんが履いているのもこのカラーと推測しています。形状から2ndであることは間違いないのですが、カラー描写が無いので色は曖昧です。当時、自分はコミック(や、途中からヤンマガ本誌)を見ていた時に勝手に「トリコロールだろ!」と思って、実際にトリコロールを手に入れて履いていたのですが…、今回の作品化にあたって実際に検証してみました!

原作の白黒描写の色合いから想像するに、ベース(本体)は黒、トゥ(つま先)は白系、足の甲をグルッと囲んでいるゴムみたいな柔らかいパーツも白系と思われます。そう考えたときに、紫モデルや黒×黒モデル、香港返還モデル、ジャッキーモデルあたりは候補から外れ、残りで合致しそうなのはトリコロールか、フットロッカー別注の赤黒白モデルかの二択になります。が、そもそもドラゴンヘッドでポンプフューリーが初登場した第3巻の発売日が96年なので、98年発売の赤黒白モデルはオーパーツとなるため、消去法で行くと残りのトリコロールとなります。まぁ、2nd発売自体が96年で、ドラゴンヘッドの原作(ヤンマガ掲載)を考えるとギリギリのような気もしますが、それを言うと合致する2ndモデルがなくなるという矛盾が発生するので、「アコちゃんが履いているのは2ndトリコロール」と勝手に結論付けておきます(`・ω・´)ゞ

そして最後に余談。



多大な影響を受けたドラゴンヘッドですが、この漫画のお陰で出会えたのが、↑の「渚にて」(原題「On the Beach」、ネビル・シュート著)でした。劇中の冒頭で、新幹線の中でテルが読んでいた本(2コマだけ登場w)なんですが、気になって読んでみたのがきっかけでした。…が、これがまた、きっかけはともあれ、まさかの人生のバイブルになるとは(笑。第三次世界大戦が勃発して、核爆弾で人類が滅亡するといったSF小説なんですが、SF要素が凄いと言うよりも、確実な死を迎えた人々のヒューマンドラマがとても素敵で、今まで幾度と無く読み返して本自体はボロボロになってしまいました。何度読み返しても「心が洗われる」作品、もう50年以上前の翻訳物なので読み難い感もあるのですが、これから先も何度も読んでいくんだろうなーという一冊です。

実は昨日で今年は仕事納め。
今年は色々と忙しかったので、この本で「心の洗濯」をしようかなっと思います。

みなさまも、よいお年を!
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
トップへ




ウルティマ ゲームタイム 180 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 90 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 30 をAmazonで購入する
ウルティマ ゲームタイムの価格推移はこちら!
more...