ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ねんどたにあんシリーズ [NDS] サガ2・プレイ日記 Diablo HD MOD 週刊 ちょうさを作る

PUMP FURY AZTEC

  〜 2015/11/08 〜
昨年の『Reebok CLASSIC Insta Pump Fury "20th Anniversary"』以降、特に今年はポンプフューリー盛り上がってるなーって感じですね!スニーカー系ブログを見ていると結構な頻度で新作(コラボカラー)が発表されるし、街中でポンプを履いている人を見かける機会も増えた気がします。昔みたいな「買いたくても買えない、カラーも限定的」な時代よりかはポンプ好きとしては嬉しい限りです。(まぁ、YOUR REEBOKでもポンプ復活したので選択の幅は無限大なんですがw)

そんなポンプフィーバー再来中(?)の中、新作発表を見て一目惚れしたモデルがありました。今年の夏(2015年8月)に発売になったモデルだったのですが、今(2015年11月現在)のところ日本未発売で海外でしか販売されていないモデルでした。いつも「おっ、いいなぁ〜」程度に感じるモデルは多々あるのですが、「どうしても欲しい(;´Д`)ハァハァ」となったのは久しぶりでした。ということで、海外の知り合いなど含めて色々画策していたのですが、日本で輸入販売されているところを見つけて、無事ゲットすることができました!(;゚∀゚)=3ムッハー



ということで念願叶ってゲットできたのが、こちらの『Packer Shoes x Reebok Instapump Fury "Aztec"』!スニーカー好きの方は名前もしくはカラーリングからピンっとくるかもしれませんが、リーボック往年の名作『アズテック(AZTEC)』から配色をサンプリングしたモデルになります。アズテック自身に思い入れがあるわけではない(写真で見たくらいw)のですが、ポンプになった際のカラーリングに心底惚れてしまいました…(;´Д`)ハァハァ



青・黄・赤の配色が何とも心を燻ぶります!そろそろ、今普段履きにしているポンプがお陀仏しそうなので、履き替え用のポンプを探しているうちに出会ったこのアズテック。嫁からは「そろそろ年相応に大人し目のカラーにしたら?」と助言があったのでシックなモデルを検討してたのですが、やっぱりポンプはビビッドじゃないとね!(笑。それとも、こういった「何となくレトロ感溢れるカラーリング」がオッサンホイホイなんでしょうか…(´・ω:;.:...



カラフルなアッパーに比べると、ソールは白黒の落ち着いた雰囲気。このトータルバランスが良いのもGOODですねぇ。という訳で、毎度恒例の「汚れる前に色んな角度から写真撮っておこう」大作戦です。デッドストック品の加水分解ラッシュを経験してからは、基本的に「普段履き用として買ったら下ろす」方針なので、今回のアズテックも早速下ろしちゃいます!(この日記を書くときには既に下ろしていますがw)。綺麗なのは今だけっ(´Д⊂グスン



まずは、オンラインストアの商品写真でよく見かける構図(笑
でも意外と"お気に"なアングルvvv



そして、左右それぞれのサイドビュー。横からだと、ポンプ特有の「下駄型構造」(勝手に命名)が目立つので好きなんですよね。まぁ、この下駄型構造、履いている分には足の裏が伸びて気持ち良いんですが、1つだけ難点なのが「自転車に乗るとペダルがハマる」ことですかねぇ…。まぁ、もう自転車乗ることないので問題ないのですが、高校生の頃は立漕ぎ開始後によくハマってました、ガゴって(笑



ポンプは基本的にカラーリングが左右対称なので、どちらのサイドから見てもあまり変わりませんね。たまーに『Footpatrol x Reebok Instapump Fury OG』みたいな変わり者もいたりしますが。。そういえば、サイドからだと良く分かるのですが「アッパー部分が途中で色が変わっている(青→赤)」って珍しくないですか?今までのポンプってアッパーは全部同じ素材・カラーが多いので、こういったのってあまり記憶がないです。そこもお気に入りポイントなんですけどね☆



そしてバックビュー。いつものReeb…って、なんか違う!!そう、ここは今回のモデルのコラボ店舗である『Packer Shoes』の名前が入っています。何となく字体と雰囲気が似てるのもあって靴が手元に届くまで気付かず、手に取って見てる時に「Σ(゚Д゚)ファッ!?」ってなりました。ちなみに、Packer Shoesは米国ニュージャージーを拠点とするスニーカーショップさんらしいのですが…さすがにそこまで知りませんでした。スニーカー好きではあるけど、マニアではないのです(笑



アッパーのアップはこんな感じ。アッパーのメッシュ素材がよく分かるかと思います。そして、ここのカラーリングがソコハカトナクGOODですね!青・黄・赤の織りなすコンボがすごく落ち着くなーっと思っていたのですが、これ、昔履いていた「トリコロール」と同じ3色カラーリングなんですよね。初めてのポンプが2ndのトリコロールだっただけに、3色コンボこそが今回一目惚れした最大要因かもしれません!(;゚∀゚)=3ムッハー



さて、では恒例のサイズ感でも…と言いたい所ですが、実は今回のモデル、「アズテックの雰囲気を味わえるようにと3種類のシューレースが付属」していたります!(3色×2本ずつ)。ポンプにヒモという「いや、もう意味が分からないよ!」なオマケなんですが、これがまた面白いをだけでなく、かなり"イイんです"! by 川平慈英



今回のモデルの構造が特段変わっているわけではなく、普通のポンプで(半ば強引に)ヒモを通しているだけなんですが…斬新(笑。ポンプなのにヒモつけるなんて、ポンプいらないじゃん、ポンプとったらタダのフューリー(憤怒)じゃん!でも、このヒモの付け方、本来のシューレースの意味すら成さないじゃん!全く以て意味が分からないよ!!…と、「ちゃんみお」もビックリなくらいバカっぽいです。でも、そこが…(・∀・)イイ!!@変態



で、もちろんヒモは付けて履く方向な訳ですが、3色の内のどれにするかが迷い所ですよね。シンプルな白も捨てがたいのですが、最終的に青と赤黄のどちらかで迷った挙句…、もうどっちも付けちゃえーってことで↑みたいになりました。うーん、ポンプにヒモな時点でバカっぽいのに、左右色違いだと更にバカっぽい@愛情込めた褒め言葉です(笑



あ、でも、こうして紐付けてみると何となくシルエットがシャープに見える気も…。別にこのアズテックモデルじゃなくても出来ることなので、案外ヒモ付きポンプ良いかもしんない。ヒモの色に寄っては、またより違ったん雰囲気にアレンジできそうですしね。っていうか、地味に流行ったりしてねww



(ホントは赤黄のヒモにしようとしたけど、嫁が青が良いっていったのでこうなったのは内緒ですw)



ということで最後にお気に入りのローアングルwithヒモ。
キャー、アズテックサーーン、ダイテーーーー(//ω//)



あ、そうそう、今回のモデル、トゥはスウェード生地なんですよね。実はスウェード生地のポンプってお初なので、取り扱いに気を付けないとですね。やっぱり水に弱いのかなー?折角なので撥水スプレーとか吹いておいた方が良いのかしら、、、どうなんだろう?



それと、今回の中敷きですが、アズテックカラーのパッカーシューズバージョンです☆普段見えない所なので残念なだけど、めっちゃアズテックでとってもキュートです。ただ、何度かシェイクダウンしたところ、若干硬いかなーといった感じ。中敷きのせいなのか、今回の製品(単体)の問題なのか…。まぁ、どうしても硬いようなら別途中敷き買えばいいんですけどね。



ということで最後に履き心地&サイズレポートです。

【サイズ参考】※あくまで"個人"の感想です。

<足データ>
・足長:25.5cm、足幅:10.5cm、足囲:23.0cm
・横幅/甲高なので大きめサイズ(つま先は結構空いてます)をいつも愛用しています。

<今回の履き心地>
・つま先はいつもよりピッタリに近い感じ?で、1.5cmくらい空いてます。(いつもより-0.5cmな感じ)
・横幅、甲高ともにジャストサイズ感があります。
 ⇒普通の靴下でポンプを入れると程よい締め付け(決してきつくない)です。
 ⇒冬用の分厚い靴下だとポンプ無しで程よい締め付けです。
 ⇒冬用の分厚い靴下だとポンプは・・・いらないかな?(;´д`)
 ⇒踵の内部部分がパイル生地?っぽいので結構滑る感じがあります。(靴下との相性?)
 ⇒中敷きは若干硬いです、気になるようなら柔らかめの中敷きに換装した方が良いかもしれません。

※ 以前紹介した『PUMP FURY 2013』と比べると、同じ27.5cmでもこちらの方が若干大きい感じがします。向こうは「UNISEX」こちらは「MEN」だし、微妙に型も違うので一概に比較はできないんですが、参考になれば。(ただ、普通に履いて問題のないレベルでした、自分的には)
続きを読む >>

さぬき豊浜ちょうさ祭り☆

  〜 2015/11/07 〜
以前3Dモデリングの日記でコーナー化していた「ちょうさを作る」、我が地元・さぬき豊浜町(現:観音寺市)のお祭りなのですが、ついに、ついに、念願かなってこのお祭りに合わせて帰省することができました!お祭りの見物人として参加するのは約10年ぶり、法被を着て実際にちょうさ(太鼓台)に付いたのは高校生以来なので実に1○(ピー)年ぶりというお久しぶり加減。ずっと、ずーーっと、ずーーーーーーーーっと出たいと思っていたので、ホント心の底から嬉しかったです。(´;ω;`)ウッ…

 

超久しぶりのお祭りでしたが、あの頃の想い出通り、我が故郷で一番誇れる(うどんよりもです!)お祭りは昔と何一つ変わっていませんでした。ちょうさの豪華絢爛なたたずまいも、参加する人の熱気も、町の雰囲気も、思わず涙ぐんでしまうくらい(←年取ったなぁ…)昔のままでした。…っと、前権撤回。うちの部落の「本町・朝日太鼓」ですが全面リニューアルで大きく変わっていましたぁぁぁ(笑。もちろん、写真や話を聞いて知ってはいたのですが、実際に実物を目にしたのは勿論今回が初めて。旧朝日太鼓も大好きだったのですが、新調版もなかなかどうして!昔に比べてどっしりした感じに見えましたがとても綺麗で、初め目にしたときは素で「うぉっ、かっこいい。。。」と呟いてしまいました(笑

 

せっかく参加するのなら昔みたいにちょうさに付きたい!担き上げ(←ゴマを外して人力だけで持ち上げる公卿のような楽園ですw)したい!ということで、帰省前に両親に伝えていたところ、おニューの法被(と中に切る朝日太鼓Tシャツ☆)を用意してくれていました。そしてしっかり「肩座布団」も用意してくれていました、これ、担き上げる時に担き棒と肩の間に挟むものなのですが、これがないと痛くて痛くて大変なんです。まぁ、これがあっても肩へのダメージはかなりあるんですが…(総重量約2tですからね)。うーん、1○(ピー)年ぶりの法被、テンション超上がりました!(´∀`∩)



ちょうさは昼も綺麗なんですが、やっぱり一押しは提灯を付けた夜の美しさです。田舎なのであまり光がなく、闇夜に提灯でボヤっと浮かび上がるちょうさは幻想的以外の何物でもありません。大体日が暮れる頃になると、各ちょうさで提灯を付け始めるのですが、提灯を付けてまだ火を灯す前の貴重な一枚。今回のお気に入り写真のうちの1つです( ´∀`)bグッ!



そして、これが闇夜のちょうさ。ね、回り真っ暗でしょ!普段都内暮らし@新宿在住をしているとまずお目にかかれないこの闇夜(笑。提灯の明かりが絶妙な陰影をつけてくれて、ちょうさ自体の感じがガラッと変わりますよね。もう少し遠くから見た場合も雰囲気変わってとってもお勧めです。もし豊浜ちょうさ祭りに来られることがありましたら、昼は言わずもがなですが、この夜のちょうさも楽しんでみてください♪



これはYoutubeにあがっていた今年のお祭り。他にも沢山アップされていて「豊浜 2015」あたりで検索するとワンサカ出てきますが、我が本町・朝日太鼓の2選動画を(笑。まずは、2日目の南部集会場での担ぎ上げの様子です(4分47秒くらいから)。この時は若干人数少な目で、そうなれば一人にかかる重量も増える訳で…。しかも、何も考えずに中心近く(一番荷重がかかるところ;;)に付いてしまったので…かなりしんどかったです(´;ω;`)カタイタイ…



↑の動画、ちゃっかり映ってました(笑



そしてもう1つの動画は、最終日の八幡さんでのお堂参りの様子です。17分くらいから朝日太鼓の担ぎ上げなのですが…、ええ、お堂の前で2、3回担ぎ上げをして終わると思ってたんですよ…。そしたら、まさか担ぎ上げたままで本堂の周りを一周するなんて…orz。最初の1/4が滅茶苦茶長く感じ、後半は必至過ぎてあまり覚えていません(笑。回り切った最後は汗だくで、肩も痛いし、体も痛かった(普段のテニスとかと使う筋肉が違うんですよね)けど、何ていうか、めちゃくちゃ気持ちよかったです。

この後、自宅に戻って両親と一杯やっていた(結局、日本酒1本空けちゃいましたw)のですが、太鼓の音を聞いてついつい出て行ってしまいました。その後、最後の解体までお手伝いできて(これは、3Dモデリングの参考になるのでめっちゃ面白かった!)、帰ったときには午前3時でした(笑

ここ最近仕事も忙しく、色々悩むことも多かったのですが、何か吹っ切れました。吹っ切れたというか、すごいパワーを貰ったというか、肉体的には確かに疲れたけど、凄く充実した気持ちになれました☆毎年帰省するのはいろいろ難しいけど、やっぱり定期的には帰りたいなー。そして、今回は色々便宜を図ってくれた両親や周りの人に感謝感謝。また参加するぞー!!



あ、もちろん「うどん」もしっかり食べました(笑

以下、「続きを読む >>」で色々撮影したお祭りダイジェスト。
続きを読む >>

おニューPC☆

  〜 2015/11/06 〜
気が付けばまた数ヵ月もブログ更新が滞っていました。ここ数ヵ月非常に多忙だったのですが、あまりに多忙過ぎてストレスも半端なく…、ついには自ら放つ負のオーラが物理的に物にも影響が出まして…。もう「魔の2015年9月」と呼んでいたのですが、まずは9月1日にいきなり携帯電話がご臨終しました。そして、その後、会社のマシンも壊れ、後を追うように色々な物が壊れ、極めつけは自宅マシンまでご臨終…。突然フリーズしてからは二度と立ち上がることがなくなり、色々調べたのですが、結論としてはマザーボードが逝った模様でした。

さすがに自宅マシンが使えないのは色々と支障が出るので、5年ぶり位にマシンを買い換えました。どうせならSSDデビューもしてみたいし、それなりのスペックのマシンが欲しいなーっと思い、色んなBTOショップを吟味していたのですが、最終的にマウスコンピュータさんで購入することにしました。昔は電源パーツに難があったり、サポートに難があったりしたそうなのですが、最近は逆にその辺りに力を入れてらっしゃるようでしたので。そして何より、何かロゴが可愛いですしね(*ノノ)キャッ





そんなこんなで届いたおニューマシンなんですが、まさかここにきて負のオーラがおニューマシンにも魔の手を…。シルバーウィーク明けの土曜日に届いたので早速セットアップやらしていたのですが、とある再起動を機にOS立ち上がり非常に時間がかかるようになり、そしてSSDがディスクエラーを吐きまくり…orz

今回、折角「Intelの240GB・SSD」にしたというのに、まさかのそのSSDが初期不良起こすなんて。。。さすがにまともに使える状態ではなかったので、サポートに相談させて頂いて、新品と交換してもらうことになりました。このあたりの対応はとても親身に対応してくださって、昔の「サポートに難あり」という話はもう過去の話なんだなーっと思いました。



そして届いたおニュー・おニューPC。予算の都合でそこまでのハイスペックではないけれども、とても満足して使っています。最初は戸惑ったWindows10も、まぁ、人間慣れるもんですね、非常に快適です。今回はミドルタワーモデルにしたのですが、かなりコンパクトでフロントもすっきりスタイリッシュでとてもいい感じです。そして、非常に静穏、今までのが爆音過ぎたのかなっと思ってしまうほどです(;´Д`)

今回、マウスコンピュータさんで買ってよかったなーっという1か月目感想。願わくば、この先も長く快適に使えますように(−人−)
続きを読む >>

Duet Sport Clog

  〜 2015/06/13 〜
普段の通勤は革靴なのですが、一日中会社で革靴と言うのも色々キツいものもあり、会社では室内履きに履き替えて過ごしていました。今までは、そこら辺に売っていた"クロックス風"(笑)の安ーいサンダルにしていたのですが、やっぱり本家は気になりますよね…。あと、パチモンは地味に恥ずかしいし(笑



ということで、何を今さら…という感はあるのですが、買ってみましたクロックスヾ(*´∀`*)ノ



今回買ったのは「Duet Sport Clog」(デュエット スポーツ クロッグ)です。柔らかいフットベッドが特徴的なクロッグモデルで、色々商品見ている中で「これ、気持ち良さそうだなー」っと目を引いたのが選定理由です。実際には、実店舗でフィッティング兼ねて試し履きして、非常に気持ちよかったのが決め手なんですけどね。あと、見た目かっこよかったし!(//ω//)♪



カラーは「ブラック/レッド」にしました。ホントは会社履き用だったので「ブラック/チャコール」くらいの落ち着いた色にしたかったのですが、公式サイトでは在庫がなく…。でも、実際に実物を見ると、思ったよりレッドが落ち着いた色合いだったので「多少のアクセント」ということでこのカラーにしました。まぁ、会社で(派手だ!と)文句言われることも特段ないですしね。



今回購入した「デュエット スポーツ クロッグ」の特徴は、なんと言ってもこのフットベッド(靴底)パーツですね!1つ上の写真でもわかるように、とっても分厚いのですがそれでいてソフトで、とても履き心地が良いです。これなら1日の大半を過ごす会社でずっと履いていても、ずっと快適に過ごせそうです(まぁ、デスクワークですが…w)そして、見た目のインパクトも非常にお気に入りです♪



バックストラップを使用する場合はこんな感じになります。これは「思った以上に短め!」という印象がありました。自分は、これも実際のフィッティングでサイズ・絞め具合に問題ないことを確認済みだったのですが(↓にサイズ考察あるので参考にして下さい)、バックストラップ装着で着用を予定されている場合は購入時に気をつけた方が良いかもしれません。



今回サイズは、珍しくほぼ実寸サイズの26.0cm(JPN 26cm, US M8/W10)を購入しました。公式サイトでサイズガイドもあるし、実店舗での販売もよく見かけるのでフィッティングもやり易いとは思うのですが、参考までにサイズ考察を載せておきます。

【サイズ参考】※あくまで"個人"の感想です。

<足データ>
・足長:25.5cm、足幅:10.5cm、足囲:23.0cm
・横幅/甲高なので大きめサイズ(つま先は結構空いてます)をいつも愛用しています。

<今回の履き心地>
・普段は+2.0cmくらいを履いているのですが、今回はほぼ同サイズ(+0.5cm)にしました。
 ⇒クロックス公式サイトで「甲高、幅広は足の実寸+1サイズ」とあったため(笑
 ⇒それプラス、会社での室内サンダル履き用で、ストラップ利用もしないことを考慮。
・横幅、縦幅ともにキツさはまったく無く、遊びもほぼ無いのでジャストフィットです。
 ⇒サンダル履きでもすっぽ抜けたりしないので、ちょうど良い感じ。
 ⇒脱ぐときも足を振るだけでスルッと脱げるので、公式サイトアドバイス様様(笑
・バックストラップをすると文字通り「ピッタリジャストフィット」です。
 ⇒これでもキツい感じは無いですが、(普段大き目を履くので)凄く…ピッタリ…です。
 ⇒さすがスポーツと名前がついているだけあって、普通に走れそうです(笑
・底が分厚い&ソフト感があるだけあって、足の裏に浮遊感がありとても心地よいです♪
 ⇒手に取るとゴツい感じがするのですが、履いてみると意外と軽くてビックリします。

【余談】



本当は↑の「クロックスソフト」が欲しかったのですが、(クロックス公式)オンライン限定販売でしたし、探し始めたときには既に希望カラー/サイズともに売切れ状態でした。今(2015年6月現在)では、オンラインサイトのラインナップからすらも消えてしまった逸品。めちゃくちゃ気持ち良さそうですし、何より「ブラック/オレンジ」というぺいるの大好きカラー、もっと早く購入に踏み切っていればと悔やまざるを得ません。。。とはいいつつ、少し待てば復活しそうな気もしますが、今回買ったデュエットもとても気持ちよかったので、もういいや!(笑
続きを読む >>

FOXDIE・・・じゃない!

  〜 2014/02/01 〜
Twitterで「#動物はあなたのごはんじゃない」というハッシュタグが流行ってたので、とりあえず流れに乗ってみました(`・ω・´)

FOXDIE・・・じゃない!

このシーン、何度見てもイイですね( ´∀`)bグッ!

【元ネタ】メタルギアソリッド4 より




トップへ




ウルティマ ゲームタイム 180 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 90 をAmazonで購入する ウルティマ ゲームタイム 30 をAmazonで購入する
ウルティマ ゲームタイムの価格推移はこちら!
more...